Signals:暗号通貨取引のためのデータサイエンスマーケット

暗号通貨トレーダーがデータサイエンスの力を使って最大の利益を得られるようにすることを目標とするSignalsは現在セールを開催中だ。現在2322.65 ETHを調達している。

Signalsはデータ科学者および開発者を初心者または、プロの暗号通貨トレーダと誰もが簡単に使用できる新たなプラットフォームで結びつける。プラットフォームはアルゴリズム取引のパワーを活用し、感情ではなくデータの洞察に基づいて24時間いつでも取引することを可能にする。
Signals:暗号通貨トレーダーのための遊び場

Signalsの特徴

プログラミングスキルは一切不要

Signalsのビジュアルビルダーで、誰でも視覚的にインジケーター、伝統的なテクニカルアナリシス、そして深層学習やWeb上のセンチメンタルアナリシスが可能。

分散型コンピューターのパワー

Signalsのプラットフォームは、暗号通貨トレードの可能性を広げる新しいブロックチェーン技術を開発している。分散化されたスーパーコンピューターを統合することで、大量のデータを高速で処理する事ができ、全てのユーザーにそれらが使用できるようになる。

群衆の知

Signalsのプラットフォームでは、群衆の知を使用したトレードシグナルで市場の分析と予測が出来るようになっている。

Signalsは直感的なインターフェースを介してすべてにアクセスが可能だ。すぐにSignals Strategy Builderで取引戦略を組み立て、コピー取引のため、他のトレーダに提供することができる。現在、Strategic Marketplaceのアルファ版(わずか数週間前にリリース)を試すことができる。このプラットフォームでは、プラットフォームの設計とSignalsチームによって組み立てられたいくつかの戦略が紹介されている。

α版の体験はこちら

Signalsトークン(SGN)

SignalsトークンはイーサリアムのブロックチェーンベースのERC 20トークンである。Signalsのプラットフォームで利用可能なすべての有料機能は、このSGNを使用してアクセスできるようにななる。

Signalsのビジネスモデルは、2つの主要な収入源によって支えられる。まず、下記のようなSignalsマーケットプレース上の各サービスの販売費用だ。

  • ユーザーが作成したインジケーターを購入
  • データストリームの購入
  • ユーザーが作成した取引戦略のレンタル
  • トレード戦略を構築
  • 学習させるための機械学習機能の使用

第二の収益は、戦略を展開するためのSignalsのクラウドソリューションの収入である。トレード、使用する額や数によってサブスクリプションモデルが適用される。

現在Signalsはセールを開催中だ。彼らは2017年11月に、プレセールでハードキャップを達成し、およそ500,000ドル以上を調達している。現在セールに参加すると、13.06%のディスカウントが適応される。

公式ホームページはこちら
日本語版ホワイトペーパーはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


ETH TOWN

ETHTOWN