Signals:感情ではなくデータ洞察に基づいたトレード戦略を提供する

データ科学者および開発者を初心者またはプロの暗号通貨トレーダと、誰もが簡単に使用できる新たなプラットフォームで結びつけるSignalsは、本日22時よりセールを開催する。

Signalsの目的は暗号通貨業界における人工知能の民主化である。コンピューターの計算能力とデータサイエンスを活用したトレーダーは今より迅速、そして正確にトレードが行うことができ利益を獲得することが出来るようになる。Signalsを使用することで、アルゴリズム取引のパワーを活用し、感情ではなくデータの洞察に基づいて24時間いつでも取引することが可能となる。
Signals:暗号通貨トレーダーのための遊び場

セールによる資金の分配

Signalsはセールの収益のすべてを相当量使用し、シグナルプラットフォームの開発を進めていく。

  • 約35% – 開発とインフラ:UI / UXのエキスパート、エンタープライズソリューションアーキテクトおよび開発者、マシンラーニング開発者、分散アルゴリズムのエキスパート、モバイルアプリケーション開発者およびテスターに​​従事。クラウドベースのプラットフォーム、1テラバイト単位のデータ処理、分散型クラウドコンピューティングシステムへの接続、その他のブロックチェーンサービス、交換接続を実装することを目標とする。
  • 約15% – データ科学と研究:Signals Platformの開発と、集団的なデータ科学知識の収集に役立つ為の研究を行う。機械知能の専門家を活用してこれを行うことを目標とし、機械学習の研究をサポートし、ユーザーにより洗練され最適化された製品を提供するため新たな機械学習技術を使用して研究する。
  • 約18% – プラットフォーム運用&セキュリティ監査:Signalsのコードと戦略の継続的な品質保証を提供することにより、顧客の財務を保護することを目標とする。さらに、操作、監査タスクには、インフラストラクチャ、計算処理能力、交換時のSGNトークンの一覧表示、履歴データセットの購入、ユーザーデータの保護、セキュリティ監査の実行などが含まれる。
  • 約6% – 法律と財務:Signalsは法的義務と規制環境に準拠する必要がある。これには、事業を行っている国の現地の法律を遵守するための法的規制要件の処理が含まれる。
  • 約8% – グループの運営と管理:この収益の割合は、一般的な業務間接費とオフィススペースに充当される。
  • 約6% – マーケティングとセールス:マーケティングおよび販売主導型のイニシアチブに特化した収入は、収入源の開発と、グローバルな自動取引プラットフォームになるための新規ユーザーの獲得をカバーする。
  • 約2% – コミュニティ教育:これには、会合を組織し、人々が自分で取引パターンを理解できるように教育することが含まれる。
  • 約10% – ETH流動性準備金:ETHを含む暗号通貨はボラティリティーが激しい。リザーブは、価値が下がっても、会社が十分な資源を持って稼働していくという安心感を提供する。収入のこの部分は予期せぬ経費支出にも捧げられている。

本日23時よりセールを開始

セールの初期参加者は15%のディスカウントを受けることが可能で、1SGNトークンの価格は$ 0.36に設定されている。このディスカウントは、セール中に調達されたUSDの総額に基づいて引き続き減少していく。

セールのハードキャップは1800万トークンである。公式ホームページよりメールアドレスを登録することでセールに関する情報が得られる。

セール開始前に、メール登録を行い、KYCプロセスを行うことでセール時の混雑を避け適切にディスカウントが受けることが可能だ。

Signalsはすでにプレセールでハードキャップを達成し、およそ500,000ドル以上を調達している。テスト版Alphaのリリースも行われた。

公式ホームページはこちら
日本語版ホワイトペーパーはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。