Signals:暗号通貨取引戦略を見つけ出し、作成し、収益化できるエコシステムを構築する

現在セール開催中のSignalsは、データ科学者と開発者を初心者またはプロの暗号通貨トレーダと、誰もが簡単に使用できる新たなプラットフォームで結びつけるものだ。 Signalsを使用すると、アルゴリズム取引のパワーを活用し、感情ではなくデータの洞察に基づいて24時間いつでも取引することが可能となる。
Signals:暗号通貨トレーダーのための遊び場

Signalsは暗号通貨取引戦略を見つけ出し、作成し、収益化できるエコシステムを構築することを目指している。

従来の取引商品とは異なり、デジタル資産は、はるかに収益性が高く、その上に取引が分散型で国境がない。さらに、市場は24時間365日取引可能で、アクセスしやすく、多くの人が参加できるという魅力がある。一方で投機的な価格変動、ボラティリティなどの市場動向のために資金を失う可能性が多くある。

これらの課題に対処し、経験の浅いトレーダーから経験豊富なトレーダーまで、暗号通貨取引をより効率的かつ使いやすいようにするために、Signalsは、マシンインテリジェンスを活用したイーサリアムブロックチェーンベースのプラットフォームの開発を行う。

Alpha版ですでに公開され伝統的な技術分析から機械学習技術まで、さまざまな取引アルゴリズムをユーザーに提供することを目指す。トレーダーは、Signals Platform内で他者の取引モデルをコピーし、独自の取引アルゴリズムを作成することが可能だ。彼らはこのエコシステムの他の参加者と共有することもできる。よって、トレーダーは、彼らが開発した戦略を収益化することができるのだ。

プラットフォームはトレーダーが使いやすいように設計され、チャートや古典的なテクニカルインジケータから洞察、複雑な統計モデル、メディアモニタリングやセンチメント分析に基づく機械学習アルゴリズムまで、これらのツールはすべてプログラムされ、自動的に取引される。

α版の体験はこちら

Signalsは昨年11月、プレセールでハードキャップを達成し、およそ500,000ドル以上を調達した。現在開催中のセールは間もなく終了予定となっている。

公式ホームページはこちら
日本語版ホワイトペーパーはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。