SHIFT.cash:モバイルアプリケーションのアルファ版を正式発表。融資過程を劇的に変化させる。

車の所有権を担保に融資を行うプラットフォームをSHIFT.cashは、モバイルアプリケーションのアルファ版を正式に発表した。 新しいサービスは、古典的な担保付融資の考え方を劇的に変えるものとなる。スマートフォンを通して遠隔検証によって車の価値の最大30%の融資を受けることが可能となる。

アルファテスト段階では、アプリケーションはすでに、自動車のほぼすべてのメーカーとモデルを推定し、ユーザーが取得できるローンの金額を計算できる段階だ。ビックデータ技術に基づく担保SHIFT.Appraisalの自動評価システムにより、ここの人間が用いる労力は最小限に抑えられる。特定の地域の自動車市場に関するすべての情報を集約し、独自のアルゴリズムによって自動車の価値を決定し、担保の処理時間を1分に短縮する。

2018年第2四半期に予定されているサービスにブロックチェーン技術を導入した後、貸出の直接発行が可能になる。これにより、国際取引の透明性とスピードだけでなく、借り手と投資家情報の機密保持が確保される。

オートポーンショップの活動におけるITソリューションのスピードと正確さは、高い効率を達成することを可能にした。しかし、革新を追求するには、サービスの最終消費者を忘れてはならない、とCEOのThomas Novak氏は述べる。

将来はブロックチェーン、スマートコントラクト、人工知能に属します。これを行うために、私たちは本当に強力な開発者チームを集めました。しかし、ビジネスマンとして、私は、普通のユーザーにとって可能な限り明確かつ便利なサービスを作成することがはるかに重要であると理解しています。そしてそれが私たちの使命です。

さらに、特別なインターフェースも投資家のために開発されている。これを通じ、現金通貨とサービス暗号通貨(SCASHトークン)の両方で投資を行うことが可能だ。 すべての投資は、実質的かつ流動性の高い資産担保によって担保される。 事実、SHIFT.cashプラットフォームは、世界中の投資家と借り手をつなぐ低リスク投資と高い配当、ローカルオファーと比較した有利な与信条件を提供する。

現在アプリケーションはアンドロイドプラットフォームでのみ利用可能であるが、近い将来iOSの発表が予定されている。

SHIFT.cash:自動車の所有権を担保にローン提供を行うグローバルプラットフォーム

19日よりトークンセールボーナスが減少

現在開催中であるSHIFT.cashのトークンセールは日本時間3月31日に終了する。総供給量は5,778,000 SCASHで、取引レートとボーナスは期間により変動する。イーサリアム、ビットコイン、ライトコインでの参加が可能だ。現在20%のボーナスは19日より15%に減少する。

SHIFT.cashの公式ホームページはこちら
日本語版ホワイトペーパーはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。