ShareBitsはビットコインユーザーにツイッターでの新たなチッピングを可能にする

ツイッターを使って暗号通貨を配ることができる新たなアプリケーション、ShareBitsがローンチされた。

CCEDKの創始者Ronny BoesingとBeyond Bitcoinの創始者 Justin FondriestのコラボレーションによってSharebits.ioが誕生した。ShareBitsはビジネスや個人が暗号通貨を配って、マーケティングやエンゲージメント戦略に利用できる。

ShareBotは第二世代暗号通貨プラットフォームBitshares上にビルドされ、一般的なソーシャルメディアアカウントに対して瞬時にトークンを送信することができる。このBotは現在、ツイッター、reddit、URL linkをサポートしている。APIの導入によってどのようなソーシャルメディアにも対応できるようになる。

トークンの発行はOpenLedger を使って簡単にできてしまうため、誰でも気軽にトークンエコノミーを体験できる。
自分のトークン(コイン)を発行して、価値を持たせてみよう

日本国内ではすでに多くのブロガーがトークンエコノミーの実験を行いかなり活発な経済圏が出来上がっている。今後もこのような現象は活発化されていくと予想され、便利なアプリケーションが要求される。誰もが簡単にトークンを受送信し、そのトークンが価値を持てば、多くの人々が法貨の神秘 に対してなんらかの疑問を持ち始めることだろう。

あなたの知識、あなたの時間、あなたの発言全てにパワーがあり、全てがお金である。

参考元

sharebits.io