SEC、80の暗号通貨関連企業に召喚令状を発行。これまでに発行されたトークンが証券であると判断される可能性も

米証券取引委員会(SEC)は、TechCrunchの創設者であるMichael Arrington氏の1億ドルの暗号通貨ヘッジファンドを含む暗号通貨関連企業に、業界の調査を行うため召喚状を発行した。

Arrington氏は召喚令状に問題はないと述べ、政府が市場のルールを理解しなければならないと話した。

証券法が暗号通貨に適用されるかどうかは未定であるが、SECは、暗号通貨が規制の対象となっているといている。しかし、開発者が規制をどのように遵守すべきかを示しておらず、その結果、暗号通貨関連企業は弁護士に依頼するほか方法がないようだ。いくつかのICOなどでは、法的な不確実性のために、米国投資家がICOに参加することを禁止するなどの表記が見られる。

ウォールストリートジャーナル紙によると、先週水曜日、SECは新しい暗号通貨に関する召喚状を発行したと報じている。これまでに約80社が召喚状を受け取っている。

米国証券取引委員会(SEC)の公式声明から暗号通貨について知っておくべき5つの事柄

SECは、進化の早いしている暗号通貨に関する規制を決定することの課題に直面しているようだ。ICOは昨年だけで50億ドル以上を調達し、新たな市場として注目を浴びている。
SEC、セレブによるICO宣伝に警告

米SEC、ICOにて資金調達を行った2社を告発

ワシントン・アナリシスのファイナンシャル・サービス・アナリスト、Ryan Schoen氏は、今回の召喚状により、幾つかのトークンは登録されていない証券であると判断される可能性が高いと述べている。この登録されていない証券の取引に関わる取引所は、SECによる調査が入る可能性も高いと言う。

この新たな市場を潰すことのないように、適切な規制を願いたい。

参考元
ccn.com