SECコミッショナーHester Peirce氏「ビットコインETFの承認は間違いなく可能」

「What Bitcoin Did」ポッドキャストに出演したSECのコミッショナーHester Peirce氏は将来的にビットコインETFの承認は間違いなく可能であると話した。今年9月、米国証券取引委員会(SEC)は、ProSharesによる2種類、Direxionによる5種類、GraniteSharesによる2種類のビットコインETFを一斉に非承認とした。

非承認となった理由としていずれも、「提案が取引法セクションの要件を満たしておらず、規制が詐欺や不正を防止するように設計されていない」としている。

彼女は、SECが規制当局の枠組みの中で革新を可能にし、介入主義者にならないようにすべきだと考えている。

現在、米国アセットマネジメント会社VanEckとクリプト金融サービス会社SolidXによって提供され、シカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)により7月に申請が行われたETFを承認するかどうかの判断が議論されている。

SEC、ビットコインETFの可否決定を行う手続きを開始

SECは暗号通貨に関する専門家にアドバイスを求め、一般からのコメント収集も行っているという。これまでのところすべてのビットコインETFは拒否されているが、まだその扉は開いていると強調した。

参考元
bitcoinist.com