SEC、ビットコインETFの可否決定を行う手続きを開始

米国証券取引委員会(SEC)はビットコインETFを承認するかどうかの判断を行う手続きを開始したと明らかにした。今回のビットコインETFはシカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)により7月に申請が行われたもので、米国アセットマネジメント会社VanEckとクリプト金融サービス会社SolidXによって提供される。

この判決は当初8月中に下される予定であったが、9月末まで延期された。しかし、今後も最大で2月末まで延期される可能性があるとしている。

SECはビットコインETFの上場提案に対しすでに1,400件以上のコメントを受け取っているとしているが、さらなるフィードバックを呼びかけている。

参考元
bloomberg.com
coindesk.com