SearchTrade:国内投資家はどのような『キーワード』を購入しているのか?

ユーザー参加型検索エンジンのSearchTradeは『キーワード』を購入することによって何もせずに収入を得ることができる。SearchTradeで誰かが自分の持っている『キーワード』が検索される度に少額のBTCが自分のアカウントウォレットに送られてくるのだ。
SearchTradeで『検索』をしてビットコインを貰おう

国内投資家はどのような『キーワード』を購入しているのか?

『キーワード』の購入履歴を見ると様々なワードが購入されている。bitcoin、pornといったワードは検索されやすいためすぐに売り切れている。

恐らく国内投資家が購入したと思わるワードを紹介しよう。

#sushi(寿司)

#hakone(温泉地の箱根)

#jpy(日本円)

#rakuten(楽天)

#lovelive(美少女アニメ!?)

以上のワードは恐らく日本人投資家が購入したワードだろう。なかなかユニークなものが多い。

どのような『キーワード』ならば多くの収入があり、高値でトレードできるのか!?

利用してみればわかるのだが、SearchTradeは日本語には対応していない。今の所英語で検索を行う人向けに開発がされている。このため、『キーワード』を購入する際には英単語のものが良いだろう。世界中のユーザーが利用するが、英語圏の人間が圧倒的に多いことは間違いないため、グローバルな単語でないと多く検索されないのだ。検索されるたびにビットコインで報酬がもらえることから、暗号通貨ユーザーやフィンテックに興味がある人が多く使うことも予想される。そのためそれらに関連した『キーワード』を有利になるだろう。

『キーワード』の購入をする際にはSearchTradeはどのようなユーザーが利用し、どのような単語を検索するかを見極める必要がある。トレードや報酬を気にしなければ単純に自分の好きなワードを購入するのもよいかもしれないが、せっかくならば多く検索されるワードを購入して収入アップを目指す方がよいだろう。

SearchTrade.com