Samsung Group、ブロックチェーンソリューションへの投資を検討

韓国大手テクノロジーコングロマリット企業Samsung Groupはブロックチェーンソリューションへの投資を検討中だと韓国メディアThe Korea Timesは報じた。

Samsung Groupの何人かの役員がソウルナショナル大学の教授であるRoh Sang-kyu氏によるブロックチェーン技術に関する講義に出席したようだ。これまでSamsungはSamsung Payのリリースを行い、金融テクノロジーへの投資を続けてきた。Samsung Payはスマートフォンアプリであり、クレジットやデビット、ギフトカードとリンクしてSamsungのスマートフォンで支払いが行える。

また、これまでにもSamsungがブロックチェーンシステムを活用するのではないかという噂は幾度か流れたが、スポークスマンはその報道を否定してきた。今回の講義についてはテクノロジーの基礎概念を知るための講義であるとして明言は避けている。

今年7月にはSamsung複合企業の支社であるSamsung SDSが韓国のブロックチェーンスタートアップ企業BlockoとサイバーセキュリティスタートアップDarktraceへの投資を行ったことを明らかにしている。BlockoはCoinStackと呼ばれるブロックチェーンサービスプラットフォームの開発を行っている。

参考元
themerkle.com