サムスンはバルト三国にある店舗で暗号通貨を受け付ける

サムスンは、暗号通貨支払いプラットフォームCopPayを使用してバルト三国にある店舗で暗号通貨を受け付ける。

リトアニアに本社を置くCopPayは、エストニア、ラトビア、リトアニアの各国のタリン、リガ、ビリニュス、カウナスの顧客は、暗号通貨を使用してサムスンのスマートフォン、タブレット、ラップトップ、テレビセットなどを購入することができると発表した。

サムスンは1月に、マイニングチップ業界に参入していることを明らかにしている。

参考元
coinjournal.net