ロシア政府と深い関係を持つエコノミスト「ロシアが間もなくビットコインに大規模な投資を開始する」

ロシア政府との関係を持つロシア国家行政管理学院のエコノミストVladislav Ginko氏は、新たな米国による制裁を回避する方法として、ロシアが間もなくビットコインに大規模な投資を開始する予想している。これは数週間以内に起こる可能性があるという。

ロシアは中国、イラン、ベネズエラとともに、米ドルへの依存を減らす方法を模索している。2018年11月、ロシアのプーチン大統領は、 新たな制裁措置を受けて、ドルを国際貿易に使用することを控えるしかないと宣言している。

Ginko氏は、20年以上にわたり政府との関係を結んでいる。彼は最近、ロシアのさまざまなメディに出演し、ビットコインがロシアに対する米国の厳しい制裁の影響を和らげる最善の方法であるとロシア当局を説得していると述べている。

米国の制裁措置は、ビットコインの使用によってのみ軽減される可能性があります。米国の制裁のため、ロシアのエリートは米国の資産と米ドルを捨て、ビットコインに巨額の投資を強いられています。ロシアの中央銀行は4,660億ドルの準備金を抱えており、(将来的には)それを実行する機会が限られている場合に備えて多様化しなければなりません。

ロシアはこれまで経済制裁に対する対策としてゴールドを買い貯めてきたという。また、政府はゴールドと引き換えに米国政府の債務を売却している。

ロシア政府が本当にビットコインに大量に投資を行った場合、その価格は急上昇する可能性があるだろう。

参考元
micky.com.au