ロシア当局は9都市22の暗号通貨ATMを押収

ロシア当局は9つの異なる都市に設置された暗号通貨ATMを押収した。この押収されたATMを運営するのはBbfproという企業で暗号業界やブロックチェーン企業を含むデジタル業界の企業に法的支援を行っている。

マネージャーのArtem Bedarev氏は当局からの質疑は何もなく内定捜査が6ヶ月続けられていたと語った。

押収に立ち会った役員はロシア中央銀行からの要請に応じたと話した。当局は「金融市場における違法行為を特定し、それに対処するための作業である」としている。

Bbfproは法的に確立されたすべての手続きを遵守し、税金を払い、義務的要件がない場合でもユーザーの身元確認を行っていることを強調し法執行機関へ抗議するとしている。

取引、マイニング、ICOなどの暗号通貨関連活動はまだロシアでは合法化され規制が行われていない。ロシアではこれまでも暗号通貨関連のサイトがブロックされるなど行われている。

ロシア、ビットコイン取引所サイトへのアクセスをブロックか。ポルノ女優による暗号通貨合法化のメッセージも

ロシア中央銀行は中国と同様に、暗号通貨へ厳しい姿勢を見せる

参考元
news.bitcoin.com