ロシア財務省は公式にビットコインを禁止しようとしている

長らくビットコインに対して攻撃的な姿勢を見せてきたロシアの財務省だが、公式にビットコインを禁止する日が近づいているのかもしれない。
ロシアはビットコインユーザーに対して最高禁固4年を提案

中央銀行であるロシア銀行に関する連邦法の改正案を財務省が提案していることをモスクワベースのIzvestiaが報道したようだ。
ロシア連邦調査委員会議長はビットコインを恐れている

ルーブルを発行するロシア中央銀行だけがロシア国内では通貨発行権を有していると強く訴えるのが目的だろう。
ビットコインは既存の金融システムの脅威になることは確かだが、政府が暗号通貨を完全に禁止してしまうことによる不信感から自国通貨がより弱くなってしまう可能性もあるのではないだろうか。

大麻や賭博の場合、国外へわざわざ足を運ばなければ楽しむことは難しいが、ビットコインはP2Pで誰でもアクセスできてしまうため、容易に入手が可能である。

参考元
cryptocoinsnews.com


1 Trackbacks & Pingbacks

  1. ロシアのビットコイン禁止法案は8月までに国家院へ突入しそうだ

Leave a comment

Your email address will not be published.


*