ロシアの電力会社は余った電力をビットコインマイナーへ販売することを検討

ロシアのビットコインマイナーは、地域の電力会社より余分なエネルギーを大幅な割引価格で購入できることを望んでいると報告された。

Vedomostiの日刊新聞は、ロシアの発電所を所有する企業がビットコインマイナーとの取引を検討しているというニュースを伝えた。ロシア最大のエネルギー会社EvroSibEnergoは数十件の要請を受けたとしている。

同社はシベリア、ウラル、ヨーロッパの一部の工場を所有しており、閉鎖されている。

「安い電力が供給されている、電力網と変電所への迅速なアクセスを含む、既製のインフラストラクチャを備えた70以上の製造施設があります」と同社代表は述べている。

また、同社は現在、数十人のマイナーと話し合っているが、契約はまだ締結されていないと述べた。

マイニングファームの所有者Timofey Ra氏によると、ビットコインの採掘費用のうち30%近くが電気代を支払うことになり、イーサリアムでは15%のコストがかかるという。

同氏は、一部のマイナーは電力網で農場を開業させる計画を立てており、すでに優先的な条件に同意していると述べた。彼らは、キロワットあたり4.5ルーブルの代わりに2ルーブルを支払うようだ。

参考元
www.rt.com