RippleTradeの本人確認期日が延期に

RippleTradeの本人確認期日が延期となった。英語がわからないユーザーが多いことと、日本語などの英語ではない書類の提出により認証作業が遅れていることが原因だろう。
リップル

日本人の場合はパスポートとローマ字表記で作成された銀行残高証明書などが一番スムーズに認証される書類のようだ。

リップルラボに自身のIDなどを提出したくない場合には2015年10月30日までにリップルトレードから撤退する必要がある。

期日まではこれまで通りXRPなどの送受信を行ったりして支払いやトークンセールへの参加が可能だが、BTC2RIPPLEを利用する場合には本人確認が認証されている必要がある。
リップル(XRP)やモナコインを使ってBitCrystalsのトークンセールに参加してみよう。セール参加者先着で激レアカードがもらえる

参考元
rippletrade.com


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA