XRPの価値が下がってしまうとリップルラボは困る

XRPはハブ通貨であり価値はいくらであっても問題ないという意見をよく耳にするが、価値が無くなってしまうとラボが困ってしまうだろう。

XRPの配布戦略

ユーザー:リップルトレードの利用には少量のXRPが必要なためXRPは幅広く配られる。

開発者:バグの発見やエコシステム繁栄に貢献した開発者にはXRPが報酬として与えられる。

マーチャント:ネットワークを利用する店舗側、消費者側の両者にリベートシステムを設ける計画がある。

リップルラボ:リップルラボを支えるメンバーたちのために19,620,887,346.26 XRPがリザーブされている。

XRPの価格が下がってしまうとラボ側の人間に大きなダメージとなることがわかるだろう。
およそ200億円分のXRPが彼らのために保管されているのだ。
将来的にXRPを使ったリベートシステムの導入も計画しているためXRP自体を通貨として利用出来るように考えているのかもしれない。

参考元
ripplelabs.com