リップルトレードジャパン、破綻か?!

日本最大手ゲートウェイのリップルトレードジャパンが破綻か?

ホームページが昨夜からアクセス不可能となっている。
rippletrade.jp

これで、顧客からの信用は一気に地に落ちてしまったのではないだろうか?

何かしらの声明を出せばパニックは起こらないが、全くもって顧客を安心させる材料は無い。

単なる更新忘れか、預かり金の持ち逃げか、現在のところ全くわからない。

いずれにしろ、リスク回避のため、持っているJPYをXRPに変換したために発生した損失については損害賠償を求められるだろう。
今回の件で大きな損失を受けたリップラーは少なく無いはずだ。

国内ゲートウェイの現状

多くのリップラーに有名な業者がある。
セミナーで国内にゲートウェイは存在していないと断言し、市場価格が1円台の時に30円でリップルを販売していた、あの業者だ。
ripplejapan.org

ここに記載されている情報が本当ならば、この業者と東京JPY発行所がタッグを組むことになりそうだ。
リップルトレードジャパンと共に東京JPY発行所の信用も地に落ちることになるだろう。

信頼の出来る企業による早急なゲートウェイ設立を望む。

本当にコメディアンとなってしまうのか…


1 Comment on リップルトレードジャパン、破綻か?!

  1. hrdmst // 2015年3月17日 at 1:47 AM // 返信

    私はリップルトレードジャパンが大手とは考えられない。
    日本での草分けかも知れませんがホームページにしても
    少しお粗末な気がします。
    後発の東京JPYの方が遥かに進んでみえます。

5 Trackbacks & Pingbacks

  1. 仮想通貨リップルの仕組み リスク編 | 日給1000万円の大富豪に投資とビジネスを学ぶため、日本の大企業を辞め、東南アジアで10年間で資産1億を目指すブログ
  2. リップルラボ CTO、いつの日か我々はリップルを分散化させる
  3. リップルトレードジャパン被害者、未だに被害届は受理されず
  4. LISK IOUはOpenLedgerにも登場
  5. コインギフト:TREZORを国内販売開始

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA