リップルトレードジャパン被害者、未だに被害届は受理されず

リップルトレードジャパンの被害者数名にインタビューを行ったが未だに被害届すら受理されていない状態のようだ。
被害者が詐欺を受けた事実と、リップルトレードジャパンが詐欺を働いた事実の両方の証拠が揃わない限り被害届は受理されない。
警察側は被害人数と被害総額が不透明でわからないこと、リップルトレードジャパンという会社が当初は会社として機能し、詐欺を働くために設立したわけではないことを理由に動くことができないようだ。個人で相手にしてもらうのは難しいようだ。

マウントゴックスと比べると人数も金額も規模が小さいため、被害者同士が集まってアクションを起こすというのは難しいのかもしれない。

伊藤は何に金を使ったのか?

リップルトレードジャパンは今年の3月より入出金不能問題が浮上した。
リップルトレードジャパン、破綻か?!

スクリーンショット 2015-07-23 1.42.18
リップルトレードジャパンの伊藤は金を使い込んでしまったのだろうか?たとえ伊藤を見つけたとしても金が残っていなければ全額回収することは難しいだろう。
リップルトレードジャパンのHP自体が消失してしまっているため当時の利用規約を確認することは現在不可能である。

RTJの債権者になって金持ち気分を味わってみよう

ripple

RTJの債権者になって金持ち気分を味わってみよう。リップルトレード上で自身のもっているアセット全てをRTJ JPYとして換算することができる。筆者のアセットをRTJ JPYで換算してみたところおよそ8000万円となった。全てをRTJ JPYに変えてしまって伊藤狩りの旅に出かけるのも面白いかもしれないがハイリスクであることを理解して行っていただきたい。

rippletrade.com