リップルラボから新たなスタンダード

KYCやIRBA(International Ripple Business Association)への登録を行っていないGWはチャートやウォレット内でのフィーチャーを受けられないという新たなスタンダードがリップルラボから発表された。

KYCとは?

KNOW YOUR CUSTOMERの略であり。JADAなどもKYCを推奨している。
事業者は顧客情報を把握し、マネーロンダリングが行われていないかチャックするために役に立つ。

KYCなどを嫌うビットコイナーも多く、P2Pでの匿名ビットコイン取引所が今後人気が出てくることが予想される。

参考元
ripple.com


Leave a comment

Your email address will not be published.


*