リップルラボがインターレジャーを発表、銀行とブロックチェーンを繋げる

リップルラボがインターレジャープロトコル(ILP)を発表した。ILPによりペイメントネットワーク間の支払いを効率にする。

相互運用性のないペイメントネットワーク

支払いを行う際に一番の問題となるのは送金する側と受け取る側は同じネットワーク上にいなければスムーズに進まないということである。国際的にスケール可能なのは少数のネットワークのみとなってしまうためそこに競争は生じにくい。ビットコインやリップル、銀行などはそれぞれのネットワーク内で送金が行われている。WEB上のペイメントにもHTTPやSMTPのようなニュートラルなプロトコルが必要なのだ。

インターレジャープロトコル(ILP)がどのように働くのか?

ripple
ペイメントネットワーク、ブロックチェーン、銀行など様々な元帳が存在している。元帳Aから元帳Bに支払いを行うときには中間に業者が入ることになる。問題なのは、誰が最初に支払いを行うかということである。元帳A内の人間が最初に支払った場合、中間の業者が逃げれば元帳Bには何も渡らない。中間業者が先に元帳B内の受取人に支払えば、元帳A内の人間が逃げる可能性がある。

インターレジャーはエスクローシステムとなりこれを解決する。送金者と中間業者は同じ元帳をシェアし、そしてまた、中間業者と受け手も別の元帳をシェアする。これにより送金は保証され、送金者はエスクローにお金を預けることが可能となり、中間業者は受け手にお金を届けたことを元帳で確認できる。特定のネットワークを信頼しなくてもILPにより元帳間でのトランザクションが可能となる。

インターレジャーにはネイティブ通貨はなく、open-source reference implementationは今月末にリリース予定とのことである。

参考元
interledger.org
coindesk.com


GameCredits

GameCredits

1 Trackbacks & Pingbacks

  1. リップルラボがインターレジャーを発表、銀行とブロックチェーンを繋げる | ミリオンハイスクール | ネットビジネス | WordPress

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA