リップルトレードが本人確認を要求

今年後半に、リップルトレードは本人確認を要求するようだ。これは、信頼性を重視し更なるユーザー獲得に繋げるためである。これまで、本人確認を行っていないGWはIRBAに加入が出来なかったが、ウォレット自体にも本人確認が要求されるようになる。
リップルラボがどのようにアイデンティー確認を開発しているのか詳しく見る場合にはこちらripple.com

詳細は順次発表されていくようだ。

リップルとビットコインは全く異なる

ウォレット自体に本人確認を求めることによって現行の金融システムとの融合が期待される。
リップルはビットコインとは違い銀行そのものとの統合を目指し、完全に中央集権化されたプラットフォームであると言えるだろう。
中央集権化されることにより法規制に則った繁栄を期待出来ることが利点であるが、創業者のXRP叩き売りのような問題が起こることも事実である。
XRPの価格暴落、リップル周辺のトラブル継続


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA