リップルラボ CTO、いつの日か我々はリップルを分散化させる

ウエスタンユニオンや銀行などから注目をされているにも関わらず、リップルはビットコインコミュニティーに嫌われがちである。

リップルラボ CTOのStefan Thomasはいくつかの誤解を解消するためにEpicenter Bitcoinのインタビューに答えた。
ID証明の要求や中央化されたシステムが批判の対象となっているが、このことについては事実を認めている。

リップルは分散化を行う

『リップルのアイデアはビットコインのエコシステムを独占する中央化された取引所に対抗するために生まれました。取引所が1つの会社によって支配されることを我々は良く思いません』

『いつの日にか我々は分散化を行います。十分に良いと判断されたものがあればすぐにでも新たなソフトウェアを追加するでしょう。』とStefan Thomasは話している。

ビットコインの分散型とは違ったアプローチであることは確だが、リップルラボは時代遅れの金融システムに革新を起こそうとしているのもまた事実である。

例えば、リップルのゲートウェイはビットコイン取引所とは異なり、デフォルトの噂が流れれば違うゲートウェイに即座に移すことが可能である。日本発のリップルトレードジャパンの挙動がおかしくなったタイミングで他のゲートウェイに逃避したユーザーも多いのではないだろうか?
リップルトレードジャパン、破綻か?!

リップルの未来

長期的な暗号通貨の繁栄とともに、Stefan Thomasは相互運用性の増加を望んでいる。
『我々がトライしようとしていることは、異なるネットワーク同士を競争させるのではなくそれぞれを結びつけて一緒に機能させることです。これが可能となればよりグローバルな暗号通貨となります。』

リップルは間も無くW3C paymentsグループと共に仕事をしようとしている。 W3C paymentsグループにはいくつかの銀行やウォルマート、グーグルなどが含まれ、ウェブペイメントのスタンダード化、単純化を目的としている。

参考元
w3.org


Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA