「金持ち父さん 貧乏父さん」の著者、ビットコインは偽のお金を置き換える

3200万枚以上を売り上げているベストセラー金融書籍「金持ち父さん 貧乏父さん」の著者Robert Kiyosaki氏はビットコインは将来的に「偽のお金」を置き換えると話した。

彼が話す「偽のお金」とは、米ドル(フィアット通貨)のことである。彼は米ドルにはそれを裏付けるものは何もないとしている。

1971年にニクソン大統領がゴールドスタンダードを締結して以来、金に裏打ちされていない米国経済とその通貨に対する懸念を示している。

彼はnews.com.auに対して「残念なことに、2000年には大きなクラッシュがありましたが、それはドットコムクラッシュと呼ばれ、2008年にはサブプライム不動産のクラッシュでした。次は、最大のものになるだろう」と話す。

ビットコインに対して彼は、素晴らしいアイディアだとしている。暗号通貨、ゴールド、シルバーが最終的に既存通貨を置き換えるとしている。

Apple共同設立者であるSteve Wozniak氏は同様に米ドルを「偽のお金」と呼んでいる。さらにビットコインはゴールドよりも優れていると話している。

参考元
micky.com.au