デジタルエコノミーの時代に突入すると、現在のお金は無くなる

国益が損なわれる危険性が高いため、ビットコインのような通貨だけが流通する世界になることは考えにくいだろう。しかし、政府がデジタル通過を発行すれば現在の紙幣や硬貨は必要が無くなる。恐らく近い将来、そういった試みが出てくるだろう。

The ANU Research School of Economicsの教授は現在のお金に未来は無いと語っている。
『未だビットコインは市民権を得ていない。まだ、デジタル通貨のインフラは整っていない、ビットコインで引き落とされるクレッジトカードは存在しないし、人々はデジタル通貨を信用していない。
しかしながら、政府の発行するビットコインの代わりとなるデジタル通貨があれば問題は解決する。』

スマホやパソコンを当たり前に使いこなす世代が現代のお金に対しどのように反応していくかが、今後のデジタルエコノミーの鍵となる。

参考元
abc.net.au