Rentberryは人々がレンタルプロセスを行う方法を再考させる

不動産を購入または借りることは、個々の状況に応じて誰もが考慮しなければならない個人的な選択である。住宅所有権は、財政的および社会的要因に完全に依存する。従来の知恵では、大人になると誰もが家を買わなければならないということだった。しかし結果として、人はそれが良い財政的な動きではないことを認識している。ワシントンポストの調査によると、住宅価格は過去100年間に0.3%の複合年率で成長しただけである。したがって、多くの人々のための最良の選択肢は、実際には家を借りることであり、今日、賃貸はすでに新しい規範となっている。最近のハーバード大学の研究によると、人口のすべての部門で長期的な賃貸行動が増加していることがわかる。 2030年に形成される新世帯の約59%は、家を借りることを好むだろう。

賃貸に関心が高まっているにもかかわらず、すべての家賃は時間がかかり疲れることだと考えられている。潜在的な賃貸人にとっては、他の将来のテナントとの入札戦争および家主との不快な対面交渉を含む賃貸条件および価格を交渉することは頭痛である。テナントは、賃貸プロセスを加速するために、不当にサービスを提供する代理店や仲介業者に頻繁に転向する。最終的に、潜在的なテナントは、宿泊施設を借りる代わりの方法を見つけようとする。そのうちの1人はRentberryを使用する。

Rentberryは、テナントと家主を一体化させた透明な家賃レンタルプラットフォームである。 ブロックチェーンとスマートコントラクトに基づいて、潜在的な賃借人と家主は、第三者を介さずに賃貸条件を交渉するのに役立つ。Rentberryはすでに働いているビジネスである。

今日のプラットフォームは米国で5000都市をカバーし、224,000以上の不動産と4,000件のアプリケーションを処理している。 それは来年、国際的に行く予定である。 すでに米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドからのビジネス提案を受けており、さらに、スタートアップは、11カ国からの2回のシードラウンドで、高く評価されたエンジェルや機関投資家から400万ドルを調達した。

プラットフォームサービスはユーザーフレンドリーな形式で提供されており、賃貸人と借主の両方が迅速かつ効率的に業務を行うことができきる。Rentberryは誰もがオープンで透明な申請プロセス、クラウドソーシングセキュリティデポジットネットワーク、即時賃貸料支払い、国際的に有効なテナントと家主のスコアを含む、完全に分散されたレンタル体験を楽しむことができる。

効果的なRentberry競争技術は、レンタル・プロセスにおける伝統的な不満、詐欺率、時間遅延、摩擦点を軽減する。潜在的なテナントは競合するオファーに完全な可視性が与えられており、レンタル条件をシームレスに交渉することができるが、その目的は家主に物件の価格を最適に保証することである。家主は優先賃料を設定し、潜在的な賃借人はその価格より下に入札する。レンタル料金の設定は、Rentberry Tokens(BERRY)の助けを借りて実行することができる。ユーザーはETHまたはBTCを使用してBERRYを購入することができる。 BERRYの初期トークンセールは12月5日から始まり、2月28日まで続く。

重要な詳細は次のとおり:

  • 固定リミット – 30,000,000 USD
  • ソフトキャップ – 3,000,000 USD
  • 交換1 ETH = 2500ベリー
  • 最小購入額 – 0.1 ETH(250 BERRY)

セールには段階的なボーナスがある。

  • 12月5日~12月19日 – 33%のボーナス
  • 12月20日~1月16日 – 27%のボーナス
  • 1月17日~2月13日 – 25%のボーナス

コミュニティーにとって、トークンセールからの資金がどのようになるかを理解することは重要である。

資金の利用先

  • 30% – IT開発
  • 20% – マーケティングとセールス
  • 15% – 買収とパートナーシップ
  • 12.5% – 国際的な拡大
  • 10% – 管理者と運用
  • 5% – 開発基金
  • 5% – 法律
  • 2.5% – バグバウンティプログラム

Rentberryトークンの主な販売に関する詳細情報(BERRY)はホワイトペーパーに記載されているプラットフォームサイトのセクションを参照。

ICOサイトはこちら
Facebookページはこちら
Twitterはこちら
TELEGRAMチャンネルはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。