ラグジュアリー市場はビットコインフレンドリーになりつつある?

現在日本でビットコインを所有する多くの人は、ビットコインに対してなんらかの価値を見い出し投資目的での購入することが多いだろう。
そして、もしこの価値があなたに莫大な利益をもたらした場合どのような形で消費または新たな投資を行うのだろうか。

莫大な資産を所有し、ビットコインへ投資を行っている者はビットコインで土地などを購入することに対して抵抗はないように思える。
2014年、Wall Street Journalでは160万ドルの土地がビットコインで購入されたと報道した。

土地やジュエリーをビットコインで購入できる機会が年々増加しているようだ。
フィンランドで140,000ユーロのテスラがビットコインで購入される
ギリシャ富裕層は高級住宅をビットコインで販売、フィアット<ビットコインの流れ

現時点でフラデルフィアにおいてビットコインで分譲マンションの購入が可能だ。
curbed.comでは795BTCでこの豪華な分譲マンションが売り出されている。
genMid.6696287_0_2

ビットコイン支払いによるラグジュアリーマーケットプレイスの提供を行うBitPremiere CEO Alan Silbert氏は
このような市場で多くビットコインが取り扱われるなどの大きな発展を遂げるにはまだ早いが、近年ビットコインアーリーアダプターはその恩恵を受け、他のアセットや金融商品、土地などへの分散を行っている。そして新たに大手金融組織がブロックチェーンやビットコインへのリサーチを始めた。不動産市場をはるかに超えて広がるビットコインの影響を間近に目撃している。今後の展開が楽しみだ。
と語っている。

商品が高額になればなるほどビットコインの価格変動リスクが大きく関わってくる。
今後、スマートコントラクトによる賃貸契約や暗号通貨での支払いが増えることにより。このリスクも軽減されていけば、一般世間の見る目は大きく変化していくだろう。

参考元
bitcoinmagazine.com


domeplatform