RAFL:商取引とロッタリーを融合させた新たなオンライン市場を確立する

RAFLは、商取引とロッタリーの両方を融合させた新しいコンセプトでオンライン市場を確立する。カジュアルなギャンブルと商取引を組み合わせることでニッチを切り開くことができる。 RAFLはユーザーがイーサリアムブロックチェーンを利用したロッタリーを主催し、参加することを可能にするDAppを開発中だ。このコンセプトを「ラッフルマーケットプレイス」呼ぶ。

ロッタリーとは、人々が賞品を獲得するチャンスを持つ番号のついたチケットを獲得する賭博競技である。すべてのチケットが購入されると、1つがランダムで選ばれる。参加者のチケットがランダム抽選から選択された場合、参加者は賞品を獲得できる。

売り手は、現在の電子商取引プラットフォームやオークションサイトよりも高い価格で商品をリストすることができ、ユーザーは自分の運を試して小額で商品を獲得することができる。

例えば、5,000ドルの価値がある時計をチケット当たり20ドルで250枚販売する。 当選者は、$20で5000ドルの値を持つ時計を獲得可能だ。プラットフォームは手数料として1% ($50) を取り、売り手が99% ($4950) を保持する。

イーサリアムスマートコントラクトは、オンラインギャンブルの性質を変え、革新的なアイデアが盛り上がる空間を提供している。オフラインロッタリーは、スコットランドではスーパーカーが出品され、空港から自宅まですでに人気がある。オフラインロッタリーは、透明性の欠如と処理に苦しんでいる。 イーサリアムプロトコルの革新により、RAFLはユーザーを詐欺から保護するサービスを提供することが可能で、小額なサービス料で透明性の高いロッタリーを実現させる。ロッタリーが引き出す最大の利益と価値をユーザーに与えることができるのだ。

トークンセール詳細

RAFLのトークンセールは、2017年11月15日午後6時(日本時間)に開始され、2017年12月6日に終了する。
ERC20 RFLトークンの合計供給量は100,000,000 RFLで、そのうち80,000,000 RFLが購入可能となる。

  • ソフトキャップ:19,000 ETH
  • ハードキャップ:39,000 ETH
  • レート:1 ETH = 2000 RFL

最初の10,000,000 RFLトークンに対して25%のボーナスが適応される。ICO後の残りのトークンはすべてバーンされる。

トークンホルダーはRAFLの利益の100%を受け取れ、取引が可能になる。 RFLトークンの一部は、RAFLプロジェクトの方向性を決める権利を提供している。トークンホルダーは、各提案について決定を下すこと可能だ。その時点で保持しているトークンの量は、その決定の投票力(比例)となる。

公式ホームページはこちら
ホワイトペーパーはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。