Qtum:スマートコントラクトをメインストリームへ

新しいスマートコントラクトプラットフォームの複雑さを維持するためには、ビットコインのエレガントで堅実なトランザクションモデルは、イーサリアムブロックチェーンとの相互作用が難解で、複雑なオペレーションへ変更されなければならなかった。すべての可能性を秘めたイーサリアムは、メインストリームにはあまり適していないニッチな製品として残されている。

Qtumでスマートコントラクトをメインストリームへ

Qtum

画像:Qtumチーム

イーサリアムの分散型コンピューティングプラットフォームの巨大な可能性とビットコインの独創的な単純さの重要性 – Qtumチームは、両方のプロジェクトの最も貴重な資産を組み合わせたシステムを設計した。

Qtumは、Qtum Virtual Machine (QVM)と呼ばれるEthereum’s Virtual Machine (EVM)の拡張バージョンとシームレスに対話できるように、通信レイヤーをスタックしている。 この革新により、スマートコントラクトによって提供された無限の可能性とビットコインエコシステムの安定性と成熟度を組み合わせた。以前のイーサリアムでは手の届かない環境でスマートコントラクトを実行し、分散したアプリケーションを簡単かつ安全に実行することが可能になる。

モバイル化

ビットコインのUTXOトランザクションモデルの主な利点の1つは、ライトウォレットを維持する能力である。しかし、イーサリアムでは、ネットワークと対話するためにブロックチェーン全体を処理することが絶対に必要だ。これは、イーサリアム搭載アプリケーションの使用やスマートコントラクトとのやりとりに興味がある場合、イーサリアムブロックチェーン全体を最初にダウンロードして同期させる必要がある。

Qtumは、ビットコインのUTXOトランザクションモデルに基づいて、Qtumの仮想マシンでスマートコントラクトを処理することができる一方で、アプリケーションとデバイスがライトウォレットベースでQtumブロックチェーンとやりとりすることを可能にする。これにより、モバイルウォレットから取引を簡単かつ迅速、安全に送信できるようになり、スマートコントラクトを携帯電話やタブレットで実行することが可能になる。主要サイトの全インターネットトラフィックの約半分がモバイルデバイスによって生成されているため、分散型アプリケーション(DApps)、スマートコントラクト、およびP2Pエコシステムの大規模な導入を考えた場合、この能力は絶対に必須となる。

ブロックチェーン Powered Internet of Things

Qtumのライトウォレット機能により、分散型のシェアリングエコノミーをより簡単にすることができる 。 スマートデバイスは、IoTに接続されたすべてのデバイスを完全なノードとして動作させる代わりに、低帯域幅とストレージを使用してブロックチェーンと簡単に同期することができ、より機敏で効率的なネットワークが実現する。

スケーラビリティー、スピードそして効率

PoWはエネルギー消費と時間のおいて非常に無駄があり、本質的に数百万のデバイスがネットワーク上の攻撃を高価にするという唯一の目的のために機能しない操作を実行している。Qtumは、一貫性を維持するための魅力的でエネルギー効率の高い方法であるProof-of-Stake(PoS)アルゴリズムを利用する最初の完全に分散されたチューリング完全ブロックチェーンである。 PoS環境では、検証ゲームに参加するためにノードはstaking feeをかける必要がある。このノードは、ノードが悪意のある目的で動作することが示された場合、自動的に排除されます。貴重な計算リソースを無駄にすることなく、攻撃を高価かつ非効率的にする。Qtumで実装されたBitcoinのUTXOトランザクションモデルは、速度と効率をさらに向上させ、複数のトランザクションを並列かつ任意の順序で処理することを可能にする。

ボード全体の互換性

強化されたEVMアナログを使用するQtumブロックチェーンは、既存のEthereumベースのスマートコントラクトと互換性がある。 Ethereumコントラクトは、コードをほとんど変更することなくQtumに移植するだけで、期待どおりに実行することができる。さらに、Qtumは完全なアップストリームとの互換性を実装している。

BitcoinベースのUTXOトランザクションモデルは、Qtumが既存のBitcoinエコシステムとほとんど互換性があることを保証し、Qtumユーザーは既にそのスペースに投資されている数億ドルにも匹敵する業界最高のイノベーションから利益を得ることができる。たとえば、支払いゲートウェイが今日Bitcoinを受け入れる場合、Qtumのトランザクションを簡単にサポートし、QtumのAPIにリンクする可能性がある。

ブロックチェーンとビジネス世界のギャップにブリッジをかける

術的および法的なハードルを回避し、ブロックチェーンの潜在能力を最大限引き出すために、Qtumはマスターコントラクトの概念を導入している。マスターコントラクトはDAppsとスマートコントラクトが実世界のオフチェーンデータ入力をトリガーすることを可能にし、検証されたオラクルまたは契約メディエータによって監査可能である一方で、コントラクトの必須要素(参加者や承認構造など)はブロックチェーン自体で保護される。これにより、ブロックチェーンベースの商取引は、株式市場、天気予報、または報道機関からのリアルタイムデータ入力とのインターフェースを取りながら、変化する商業ルールおよび規制に準拠することができる。

Qtum公式ホームページはこちら
コインデスクによるQtumの記事はこちら