QtumはモバイルスマートコントラクトとIoTのためのブロックチェーンプラットフォームをアナウンス

レガシービジネスユースケース向けのオープンソースのブロックチェーンを開発するために設立された非営利団体Qtumは、スマートコントラクトと分散アプリケーションをモバイル、タブレット、IoTアプライアンスで機能させるプラットフォームを発表した。モバイル時代に向けてブロックチェーン技術を準備する同社の戦略であるGo Mobileは、QtumのWebサイトで最初に発表され、同社のホワイトペーパーに詳細に示されている。

分散アプリケーションを実行するためにクライアントに完全なノードとブロックチェーンコピーが存在する必要がある既存のスマートコントラクトプラットフォームとは対照的に、Qtumは、重厚で特殊なソフトウェアをインストールしなくてもスマートコントラクトの使用を可能にする。スマートフォンやIoTデバイスなどの低容量ストレージ環境でスマートな契約を使用できるようになった。

Qtumは、ビットコインの未使用トランザクション出力(UTXO)アーキテクチャの上にイーサリアム仮想マシン(EVM)を積み重ねることでこれを実現する。この革新により、EVMはライトウォレットでアクセス可能になった。 SPVプロトコルを利用したライトウォレットは、ブロックチェーン全体をダウンロードして同期することなく、ビットコインネットワークとシンクロし、独自のトランザクションを検証することができる。 ビットコインウォレットはこの機能を使用して、スマートフォンで支払いを送受信できるようにし、軽量アプリを必要としない。 Qtumはこの機能を拡張しており、スマートコントラクトや分散アプリケーションに初めて参加することができる。

Qtumは、プラットフォームの詳細を記載したホワイトペーパーとともに、アンドロイド携帯電話で操作するスマートな契約を示すビデオを公開した。 QtumのCEOで共同設立者のパトリック・ダイ氏は、次のように述べている。『スマートフォンやタブレットでスマートな契約を結ぶことは、分散コンピューティングの分野で新しい時代を告げる。すべてのインターネットトラフィックの約半分がモバイルデバイスによって生成されているため、分散アプリケーションの実際の使用事例はすべて、モバイルのサポートから大いに利益を得るでしょう – 特に、開発市場の傾向を考慮している場合。』

Qtum:技術的な動作に関するホワイトペーパーとクラドセール詳細をリリース。Qtumトークンとは?

分散アプリケーションのモバイルサポートに加えて、QtumはビジネスオートメーションとブロックチェーンセキュアなIoTの開発に適したプラットフォームを記述しており、既存の「スマートでない」ハードウェアを拡張することなくスマートなコントラクトで制御および操作することができる専用システムを使用している。『Qtumスマートコントラクトは、ほとんどの標準アプライアンスに既に存在する既存のRaspberry Piのようなデバイスに依存して、アクセス可能なAPIを備えたあらゆるデバイスを制御する可能性があります。このようにして、特定のビジネスにおける「物」の相互作用は、特殊なハードウェアにほとんど投資することなく、プログラミングおよび編成することができます』ジョーダン・アールズ共同創設者は話す。

共同体の関心が高まったため、Qtumは公開レビュー用のソースコードスナップショットのリリースを開始するが決まった。コード履歴とgitコミットを含む完全なソースコードはQtumのテストネットランチQ2 2017でGitHubに公開される。

Qtum財団は、3月16日から、Qtumブロックチェーントークンのクラウドセールを実施することを最近発表した。この販売は、業界初の6つの取引所とウェブサイトによって促進される。

Qtum公式ホームページはこちら


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA