GigaWatt CEO、Dave Carlsonのプロフィール

現在、GigaWattプロジェクトはプロフェッショナルなマイニング機能Giga Wattへアクセスするための新たなトークンWTTをローンチするため、クラウドセールを行っている。これはGiga Wattの処理センター容量をトークン化したものである。トークンを利用することで、費用対効果の高いマイニングを誰でも利用可能になるとしている。

Dave Carlson

GigaWattのCEOであるDave Carlsonはソフトウェアエンジニアであり、10年のベテランのスタートアップ起業家である。 1999年彼は、数百万ドル規模のスタートアップやパーソナルベンチャーでのキャリアをスタートさせ、重要な役割を果たした。マイクロソフトのような大企業と多くのコンサルタント、開発者としての契約を結び、起業家としての努力に先立ち、Experience Music Project(EMP)、Microsoft Studios(MSNBC)、Bill Gates Residence、Paul Allen Estatesなどのハイテクデジタルシステムプロジェクトの設計と施工に参加し、ワシントン州シアトルのSparling Technology Consultantsの設計エンジニアとして活躍。

2005年、DaveはXBOX Liveネットワークの仮想通貨を提供したMicrosoftのデジタルトークンシステムMicrosoft Pointsに取り組んだ。それは、ゲーム内アイテムを購入するために使用される電子機器店で購入することができるカードであった。それらは暗号プロセスを使用して作成されており、本質的にはトークンでありそう呼ばれましたが、通常のデータベースに基づいており、ブロックチェーンではなかった。

2010年、彼はビットコインに出会って以来ずっとこの分野で革新を続けている。 XBOXのアイデアと非常によく似ているが、P2Pのデータベースシステムに基づいたコンセプトだと彼は気付いた。 すぐにこれが巨大な技術に影響するということがわかり、彼はその時にやっていたことすべてを辞め、契約を切り、ビットコインとマイニングという新技術を信じ、すべてをこれに注込んだ。

マイニングは彼にとって非常に魅力的で、何年もそれに集中した。 2012年には、世界初のメガワット規模のビットコインマイニングセンターを構築し、ブロックチェーントランザクション処理のビジネスを正常に拡張するために必要な主要設計パラメータを特定するという目的でMegaBigPowerを設立。

彼はすでにGPUを使用してビットコインをマイニングしていたが、効率的ではなくなり、Litecoinに切り替え、カスタムチップを実行するプロジェクトを開始。インターネット上で何人かの人に、カリフォルニア州ウェナチーは世界で最も安い電力のある場所だと助言があったとがきっかけとなり、彼はウェナチーに来て、チップが準備されるのを待っている間にメガワットまでスケーリングの最適化された経済学を模索した。チップが準備された後、彼らはウェナチーに施設を配備し、これが世界で最初のメガワット規模の施設となった。

Daveと彼のチームは合計して現在空冷マイニング施設を5つ建設しており、そのうちの1つは、現時点で世界で最大のGPUマニング施設である。

現在、MegaBigPowerはビットコインの先駆者であり、ブロックチェーン処理業界のイノベーターであるGiga Wattとして新しい形を取った。 Giga Wattは革新的な独自技術を駆使して、カスタマイズ可能な幅広いマイニングソリューションとオンサイトサービスセンターを提供する。また、暗号通貨マイニング産業へのアクセスを民主化することで、初めてのマイナーでも大規模な経済性を備えた専門施設でマイニング設備をホストすることが可能となる。

Daveは暗号通貨マイニングのパイオニアの1人である。彼はTechCrunchのビデオTrust Disruptedなど多くのメディア記事で紹介されている。

現在開始から2週間ほどでGigaWatt ICOは9億円ほど調達を行っており順調に進んでいる。
WTTトークンクラウドスケールは、8月1日までの60日間継続される。 トークンはGiga Wattの施設を使用する権利を表す。トークン所有者は、自分のマイナーを収容したり、他の人へ貸し出すことが可能。

GigaWatt (WTT)プロジェクトに関する記事はこちら
GigaWattのマイング施設に関するインタビューはこちら

GigaWattの公式ホームページはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA