Privatix:なぜインターネット社会においてVPNが重要なのか?

VPNは暗号化されたデータ転送を提供する上でますます重要になってきており、PrivatixはブロックチェーンベースのVPNネットワークで業界を根本的に変えようとしている。

私たちは一生オンラインの世界と関わることになる。ショッピングカートや写真から友人、銀行口座のパスワードやクレジットカード情報などのより機密性の高い情報に至るまで、それらはインターネット上のどこかにある。その結果、サイバーセキュリティとあなたの個人情報を保護することは、ウェブにアクセスする際に優先順位リストの最上位にあるべきだ。

サイバー犯罪者はあなたのIPアドレスを見つけるだけで、あなたに関する情報の過多を知ることができる。あなたの名前、住所、あなたが訪れたサイトやあなたが使っているアプリケーションも追跡できる。

近年、インターネットユーザーがオンラインで自分自身を守るために努力しているため、VPNや仮想プライベートネットワークは、巨大な技術進歩を見せている。 VPNを知らない人にとっては、VPNは、ユーザーが毎日使用するサイトのいずれかに、より安全で暗号化された接続を作成できるようにするサービスだ。リモートワーカーが自社のプライベートネットワークに安全に接続できるようにするために開発されたものだが、さまざまなユースケースに拡張されている。

VPNを使用する理由

VPNを定期的に使用しているすべてのユーザーは、そのための理由があるが、重要なデータがないユーザーであっても、VPNを使用する適切な理由がたくさんある。 VPNを使用する場合、送受信されるすべてのデータは暗号化されている。犯罪者だけでなく、インターネットサービスプロバイダなどの第三者からも保護されている。別の一般的な側面は、VPNを使用しているときに、Webサイトをブラウズしている間は完全な匿名性を持っているという事実だ。また、VPNは、使用しているネットワーク上で通常ブロックされるサイトやその他のサービスを表示する機能を提供する。政府がインターネットトラフィックに関与している国に住んでいる人にとっては、これは簡単なことですが、アクセスが制限されている国に住む人々にとっては、これは重要な能力である。

VPNは多くの問題を解決しているが、VPNに問題がないわけではない。まず、無料のVPNソフトウェアを使用している場合は、接続やデータキャップが遅くなることがある。いくつかの国はあなたがどの国に接続できるかを制限しており、一部の国のみを提供している。他のVPNはこれらの問題を解決しているが、毎月の利用料金が発生する。

分散型ネットワークソリューション

VPNプロバイダーであるPrivatixは、人々がオンラインで安全を保つ方法を変えようとしている。彼らは、イーサリアムネットワーク上で動作する世界初のブロックチェーンベースのVPNネットワークを構築している。それは、分散型、自律型、およびピアツーピア型のインターネット帯域幅交換として実行され、使用されていない間にユーザーが使用していない帯域幅を他の人に販売できるようになる。

世界のプリペイドインターネットトラフィックの約90%がほとんど未使用のまま残っているため、その一部を売る機会は信じられないほどのコンセプトだ。売り手はプラットフォームを使用して未使用の帯域幅を売却することができ、クライアントは必要な量のデータを購入して購入することができる。このシステムのコストは、売り手が毎年数百を節約してお金を稼ぐとともに、従来のシステムに比べてわずかとなる。市場は消費者をターゲットにしているだけでなく、企業も対象としています。企業はPrivatixネットワーク上に独自のVPNを構築することができる。

ネットワークはまた、コンテンツ配信ネットワーク、すなわちCDNとして機能する能力を有する。現在、コストは1ギガバイトあたり約0.15ドル。しかし、Privatixネットワークを使用すると、価格は6倍以上上がる可能性がある。 NetflixやHuluなどの企業は、このようなネットワークで毎年何百万もの費用を節約することができ、最終的にはエンドユーザーの手間を省くことができる。

人々は、帯域幅を他人と共有したり、他人から帯域幅を購入するだけで、無料で信頼性の高い高速なVPNにアクセスできる。または、彼らはアイドル状態の潜在的なトラフィックを借りてお金を少し費やす機会がある。

ネットワークは、Privatixトークンと呼ばれるネイティブ暗号化トークンを介して実行され、他のデジタル資産と交換することができる。コインはトークンセールを通じて配布される。
Privatixは利用されていない何百万ものユーザーのリソースを新たにゴールド化するブロックチェーンプロジェクト

Privatixの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。