Privatixは利用されていない何百万ものユーザーのリソースを新たにゴールド化するブロックチェーンプロジェクト

Privatixは利用されていない何百万ものユーザーのリソースを新たなゴールド化するブロックチェーンプロジェクトである。ブロックチェーンのおかげで同様の考え方を持つ様々なプロジェクトが登場している。

Privatixは利用されていないバンド幅を利用する


未使用のバンド幅は、例えばVPNやCDNサービスを提供する企業や、企業や他の活動のために複数のIP出口ノードを必要とするユーザーに販売することができる。

Privatixは、最初のブロードバンド市場と独自の暗号化経済を備えた分散型の完全自律型のブロックチェーンベースのP2P VPNネットワークであり、誰でも未使用トラフィックを購入して販売し、そのプラットフォームに基づいて独自のソリューションを開発することができる。 ネットワークをブロックすることはできない。 暗号化されたブロードバンド帯域幅を持ち、すべてのトランザクションは暗号通貨で行われる。

Privatix Networkは、VPNコンシューマ市場のコストを削減し利益を上げ、仲介サービスを排除し、P2P共有によってインターネット帯域幅を共有できるようにし、インターネット上の情報交換の効率を高める。 Privatixは、CDN、データ収集、ビジネスインテリジェンス、アプリケーションのための反検閲SDKなどに関連するネットワークベースのアプリケーションとサービスを作成するための新しい見通しを開く予定だ。

Privatixは現在ICOによる資金調達を行なっており、5,880ETH、2億円以上を調達している。

同様に未使用のバンド幅を活用するプロジェクトにMysteriumというものがあるが、こちらは15億円以上を調達している。

バンド幅以外にも未使用のコンピューティングパワーやストレージを利用したプロジェクトがあり、どれも十億-数百億円の資金調達を完了させている。

今後、上記のようなプロジェクトにより自宅で眠っている世界中のPCやネット環境はいつでも誰かのために働いてくれて自動的にトークンやビットコインを稼ぎ出してくれるようになる。

Privatixの公式サイトはこちら

参考元
medium.com

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。