Privatix:帯域幅市場とどのように我々のオンラインを変えるのか?

Privatix VPNネットワークは、世界がオンラインになる方法を変える能力を持つプラットフォームである。 イーサリアムブロックチェーンに基づいて、ネットワークは、世界中でアクセス可能な市場を使用して、世界中の未使用の帯域幅を販売することを可能にする。 多くの場合、既に支払っていた帯域幅は、ただアイドル状態になっている。 基本ユーザーはネットワーク上のエージェントになり、初期設定コストなしで収益を上げることができる。

Privatixは現在セール中でおよそ2億円を調達している。セールはおよそ残り1日で終了する。

Privatix:なぜインターネット社会においてVPNが重要なのか?

分散型VPNサービス

このパイプラインには、幅広いユースケースに対応できるネットワーク上に構築される多数のアプリケーションがあり、最もエキサイティングなのは完全に分散化されたVPNサービスを持つ機能だ。 ユーザーが匿名性とセキュリティの面をより多く評価し始めると、VPNの普及がますます進むことになる。 Privatixを使用すると、世界中の人々が無許可のネットワークにアクセスして、VPNとして使用する帯域幅を購入することができる。 これにより、中国やロシアなど、インターネットが重度に検閲されている国に住む人々は、安く信頼できる匿名接続を利用できるようになる。

ビッグデータ送信のコスト削減

完全に機能するネットワークからもたらされる別のイノベーションは、分散されたCDNまたはコンテンツ配信ネットワークである。 これらのネットワークにより、企業はデータをすばやく配信できるようになり、サイトが成長し、質の高いユーザーエクスペリエンスが得られる。 この市場は、今後数年間に爆発する可能性があり、2015年に約50億ドルから2020年には150億ドルに近づいて、今後数年間に3倍の増加を予測しているようだ。このようなネットワークでは、企業は 現行のCDNを使用することができる。これは、より低い料金とより高い稼働率を提供することができる。 見積もりでは、伝統的なオプションより10倍も低い料金が引用される。

プロキシ経由の完全な匿名性

住宅プロキシー・アドレスサービスは、プラットフォーム上に構築することができ、ユーザーは自分が選択した地理的エリアに接続できるようになる。ユーザーはこれを利用できるだけでなく、Privatix FaaSまたはFreedom as a Serviceのおかげでアプリケーション開発者も利用できる。開発者はFaaS SDKを使用して、アプリケーションにシームレスに統合することができ、世界の一部の地域でブロックされていることを心配する必要はない。必要なすべてのデータは、従来のシステムよりも著しく低コストでPrivatixネットワーク経由でルーティングできる。開発者にとっては、Privatixの収益化オプションがある。これは、開発者が苦労して公平に支払いをしないという問題の増大に役立つ。このようなオプションは、今日でも効率的に行われていないオンラインコンテンツの収益化に役立つ。

Privatixの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。