Privatix :プロックチェーンベースの分散型P2P VPNネットワークによる初めての帯域幅市場。 本日PRIXトークンに40%のボーナスがプラス

Privatixトークンセールは10月19日から始まる。 このプロジェクトは、VPN関連の分野で成功した実績を持つチームによって開発されている。

Privatixは、最初のブロードバンド市場と独自の暗号化経済を備えた分散型の完全自律型のブロックチェーンベースのP2P VPNネットワークであり、誰でも未使用トラフィックを購入して販売し、そのプラットフォームに基づいて独自のソリューションを開発することができる。 ネットワークをブロックすることはできない。 暗号化されたブロードバンド帯域幅を持ち、すべてのトランザクションは暗号通貨で行われる。

Privatix Networkは、VPNコンシューマ市場のコストを削減し利益を上げ、仲介サービスを排除し、P2P共有によってインターネット帯域幅を共有できるようにし、インターネット上の情報交換の効率を高める。 Privatixは、CDN、データ収集、ビジネスインテリジェンス、アプリケーションのための反検閲SDKなどに関連するネットワークベースのアプリケーションとサービスを作成するための新しい見通しを開く予定だ。

ネットワークベースの製品

Privatix.Agent:ノード所有者のためのクロスプラットフォームソフトウェア

このソフトウェアは、ネットワークに接続して帯域幅を販売する機能をエージェントに提供するため、Privatix Networkの基礎となる。

DPIバイパスプロトコルに基づくVPNサービス

PrivatixネットワークVPNは、利用可能な最高速度で何百万もの出口ノード間を切り替えることができ、DPIによって追跡できない変更されたVPN接続を使用する。 P2Pネットワークメンバーになりたい場合は、他のユーザーにあなたの帯域幅のトラフィックを提供することでそれを支払うことができる。着信トラフィックが発信トラフィックを超えている場合は、余裕を持って支払いをしなければならない。

Privatix.BOX:ポータブルVPNルータ

DD-WRTルーターは、以下を可能にするハードウェア。
特別なソフトウェアをインストールすることなく、エージェントやVPNユーザとしてPrivatixネットワークに接続し、暗号化されたVPN帯域幅をWi-Fi経由で共有する。

APIベースのプロキシ/ソックス市場

Privatix Networkが非常に大きくなり、数十万~数百万のエージェントを収容するとすぐに、大半は自分の住宅/オフィスIPアドレスを持つことになる。

何千もの企業やオンライン企業にとって、居住用IPアドレスは、プロキシとして使用できる非常に重要かつ限られたリソースである。この製品には、ネットワーク内のすべてのエージェント(プロキシ)にアクセスし、帯域幅を購入できるようにする高度なAPIが含まれている。

VPNプロバイダーのインフラ

従来のVPNプロバイダーで使用されていた専用サーバーインフラストラクチャを、あらゆる製品に統合できる便利で簡単にアクセスできるプラットフォームで置き換えることで、市場に革命を起こし、VPNプロバイダーのトラフィックコストを削減し、住宅のIPアドレスのおかげでブロッキングに対する耐性が向上する。

Privatix.FAAS:開発者向けのアンチ・センシングツール

Privatixは、Privatix Network Agentsの暗号化された帯域幅を介してアプリトラフィックを送信するモバイルアプリ/ソフトウェア開発者のための、統合が容易なSDKをリリースする予定だ。このツールを使用することにより、開発者は、顧客がブロックされるリスクを伴わずにアプリに安全かつ安全にアクセスできることを保証する。

Privatix.Monetize:モバイルアプリとソフトウェアの収益化

Privatix.Monetizeは、アプリのサブスクリプションを追加して販売することなく、アプリケーションの収益化を目的とした開発者用SDKである。手順は簡単:ユーザーはPrivatix Networkにエージェントとして登録するアプリをインストール。その後、アプリはユーザー帯域幅の販売を開始し、収入はアプリ開発者に伝えられる。

PRIXトークン

イーサリアムブロックチェーンに基づいており、10,000,000のPRIXの固定放出を特徴とするトークンは、Privatixネットワークメンバーによって使用される唯一の暗号通貨になる。 PRIXはでバリュエーションに脆弱ではなく、外部取引所で取引される。

帯域幅の価格は、需給バランスによって決定される。たとえば、1 MB = 0.001 PRIX。したがって、帯域幅の超過需要は、PRIX価格の上昇をもたらす。これにより、より多くのエージェントがネットワークに引き込まれ、より高い価格で帯域幅を売ることができる。同様に、帯域幅の過剰供給は、帯域幅のコストを犠牲にすることなく、ネットワークを顧客に魅力的にするとしている。

ネットワークメンバーは、PRIXのみを使用してブロードバンド帯域幅のバイ/セールを作成。トークンの需要は、帯域幅を購入するユーザーの意図に基づいており、トークンの供給は、獲得したトークンを他の通貨に交換することによって販売する意思に由来する。

どのように動作するか(例)

ドイツの典型的なインターネットユーザーであるハンス君は100 Mb / sの帯域幅を持っており、特に夜間は完全には利用されていません。彼はすでにインターネットアクセスを支払っているので、彼はもはや追加費用を負担しない。 HansはAgent Privatixソフトウェアをインストールし、市場で公開されています。

中国に住むリー氏は、その国に厳しい政府による検閲があるため、多くのウェブサイトにアクセスすることはできない。 リー氏は、Privatix Networkに基づいてVPNソフトウェアをインストールし、Hansの帯域幅の一部を購入します。これにより、中国人は物理的にドイツに位置する暗号化されたチャンネルを通じてインターネットに接続し、無制限にインターネットにアクセスすることができます。

ハンス君は彼の帯域幅をリー氏に売却したことでPRIXを獲得する。

トークンの配布

総量は10,000,000 PRIX

購入日に応じて5%から40%のボーナスを含む8,000,000のPRIXは、トークンセールの一環として一般に販売。販売の開始から最初の48時間以内にトークンを購入する場合には、特別な40%のボーナスが支払われる。ボーナスは毎週下がります。販売の最長期間は4週間。

最初の48時間:40%(1 PRIX = 1.4 PRIX)

第1週:30%(1 PRIX = 1.3 PRIX)

第2週:20%(1 PRIX = 1.2 PRIX)

第3週:10%(1 PRIX = 1.1 PRIX)

第4週:5%(1PRIX = 1.05PRIX)

100% – 最大発行額:10,000,000

80% – ICO:8,000,000

3% – プレICO:300,000

3% – 賞金、顧問および費用の範囲:300,000

7% – チームと将来の従業員:700,000

7% – 創設者(トークンの引き出しは12ヶ月間ロックされています):700,000

チーム

Privatixは、経験豊富なIT起業家と無料インターネット、オンラインセキュリティとプライバシー保護を主張する才能のある開発者によって設立された。

彼らは10年以上にわたりオンラインのプライバシーとセキュリティの分野で働いており、最終的には、コンピュータスキルに関係なく誰もがアクセスできる最も使いやすいVPNサービスの1つであるPrivatix.comを開発。運用期間は2年間で、750,000人以上のお客様がサービスを利用している。

それに加えて、彼らは毎日250.000以上の訪問者を持つTemp-Mailサービスを作成し、5vpn.netを含む他のプライバシー保護サービスをリリースした。

Privatixのホワイトペーパーはこちら
Privatixの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。