BnkToTheFuture:Polymathとのパートナーシップによりトークンの流動性を改善する

フィンテック、ビットコイン、ブロックチェーン企業のための世界最大オンライン投資プラットフォームであるBnkToTheFutureはPolymath Inc.とのパートナーシップを発表しフィンテック、ビットコイン、ブロックチェーンセクターで最も価値のある企業に投資した投資家のためにトークンの流動性を改善する。
BnkToTheFuture:ブロックチェーンのスタートアップに投資する新しいマーケットプレイスをオープン

Polymathは、プロジェクトをスマートトークン開発者、法定代理人、KYC / AML検証者と接続することで、簡単にセキュリティトークンを発行できる分散型プラットフォームである。Polymathプロトコルは、発行者に、KYCと認定された投資家のステータスに基づくホワイトリスト作成を通じてセキュリティトークンの転送と所有権を制限する機能を提供する。

この提携を通じて、PolymathはBnkToTheFutureのプラットフォーム上で何千もの認定投資家にプロジェクトのパイプラインを紹介する。BnkToTheFutureは、2018年に流通市場を立ち上げる準備を整えるため、ビットコインおよびブロックチェーン企業の株式保有をトークン化するためにPolymathの利用を検討する予定だ。

これまでにBitFinex、BitStamp、Kraken、ShapeShift、およびBitPayを含む100以上の企業がBnkToTheFutureからの投資を受けている。

PolymathのCEO、Trevor Koverko氏は「創業者のビジョンとリーダーシップによって、BnkToTheFutureは投資市場の分野で重要なニッチを切り開いています。BnkToTheFutureの何千もの公認投資家にPolymathを立ち上げるプロジェクトのパイプラインを紹介する上で、このパートナーシップに非常に興奮しています。 」と述べた。

BnkToTheFutureのCEO Simon Dixon氏は「Polymathとの提携により、フィンテック、ビットコイン、ブロックチェーンの既存のポートフォリオの一部をトークン化し、投資家が証券法に基づいたコンプライアンス主体のブロックチェーンベースの取引プラットフォームを通じて流動性に容易にアクセスできるように努めます。」と述べた。

BnkToTheFutureは、フィンテック、ビットコイン、ブロックチェーン企業の株式および厳格なデューデリジェンスとコンプライアンスプロセスに合格したICOに投資するための最大のオンライン投資プラットフォームである。同社は最近、トークン化された株式市場とデューデリジェンスプラットフォームのために、プライベートトークンセールを行い3,000万ドルを調達した。2018年2月にパブリックトークンセールを開始する。
BnkToTheFuture:プライベートトークンセールにて3,000万ドルを調達。

BnkToTheFutureのBF(BFT)トークン販売に関する情報

今回のパブリックセールでは30,000,000BFTが販売される。10,000〜100,000 BFTの間で購入が可能で、最小1.539 ETH、最大15.385 ETH購入できる。取引レートは1 BFTあたり0.00015385 ETHとなっている。

トークンセールに参加するには公式ホームページよりホワイトリストに登録することで参加可能となる。この際自身で秘密鍵を管理するイーサリアムアドレスの入力が求められる。
日本時間2月17日(土) 07:00よりイーサーの送信が可能となり購入が行える。

ホワイトリストへの登録はこちら

ホームページは日本語対応しておりホワイトペーパーも日本語に訳されている。

BnkToTheFuture公式ホームページはこちら
日本語ホワイトペーパーはこちら

参考元
investfeed.com

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


ETH TOWN

ETHTOWN