ポーランドは暗号通貨に対する課税を一時的に放棄する

ポーランド財務省は、暗号通貨取引に関する税金を「一時的に放棄する」としている。この特定の経済空間を規制するためには「詳細な分析」と「システムソリューション」が必要であると判断したためである。

ポーランドでは今年4月、すべての暗号取引にポーランドの「民法取引税」(PCC)を課すとし、さらに現在の税法に基づいて、暗号化された収入と利益に個人所得税が課されることを発表した。

財産権の移転を考慮した暗号侵害のすべての購入と販売は、損益に関係なく課税されるべきだと主張した。これは収益性に依存しないため、トレーダーは潜在的にすべての資金を税金で失う可能性がある。

これに対して暗号通貨コミュニティより多くの抗議が寄せられ、オンラインによる抗議では、5,476人以上が署名を行っている。

これに対しPawełGruza副大蔵大臣は、先月、同省の前で抗議者を集め、「最終的な解決策が出される前に、暗号通貨取引に関するPCC税は徴収しせず、それは2年以内に起こるだろう。しかし、私たちは一時的な解決に取り組んでいる間、個人所得税を徴収する義務を維持しています。 」と話した。また、すでに「民事法上の取引税」を支払っていた人たちへは払い戻しを行うと述べた。

一方でポーランド政府と金融当局は暗号通貨に対する批判的な行動をしてきた。金融監督局(KNF)は、ピラミッドスキームと監督されていない外国為替活動とともに暗号通貨を列挙し投資のリスクに対するキャンペーンを企画発表した。

参考元
news.bitcoin.com