フィリピンビットコインスタートアップSatoshi Citadel Industriesが韓国K Venture Group より資金調達

フィリピンのフィンテックビットコインスタートアップ企業であるSatoshi Citadel Industries(SCI)は韓国のインターネット企業でチャットアプリKakaoTalkなどを提供しているK Venture Group (KVG)と戦略的パートナーを組み資金調達を行った。具体的な調達額は公表されていない。

2014年に設立されたSCIはビットコイン取引所BuyBitcoin.phや送金サービスを行うRebit.ph、プリペイドビットコインカードの提供を行うPrepaidbitcoin.phなど様々なビットコイン関連のサービスを提供している。

10%のフィリピン人は海外に出稼ぎをして自国の家族に仕送りをしている。フィリピンの送金市場はインド、中国に続いて世界3位であり、2015年の海外からフィリピンへ総金額は約280.5億USドルにものぼる。一方で東南アジアでは銀行業の不便さが目立つ。unbankedも多く存在する

ビットコイン、ブロックチェーン技術はこれらを解決するポテンシャルを持っているのだ。

だが、これに水を差すかのようにフィリピン政府によるビットコイン事業者への規制案も出ており今後の対応が気になるところだ。

参考元
siliconangle.com