ビットコインを買いたがらない人達の理由

様々な タイプの人とビットコインについて話をすることがある。『ビットコイン』というワードを出すだけで馬鹿にしてくる人間も少なくない。彼らはどんな理由でビットコインを毛嫌いしているのだろうか?メディアによる洗脳でもうビットコインを扱えない身体になってしまった人も日本には多く存在している。ビットコインの普及を加速するという意味ではコミュニティー全体で協力し彼らの洗脳を解く必要があるのかもしれない。

もう値段が上がってしまった。

ビットコインを買わない理由でよく聞くのはコレだ。そもそもタダ同然で手に入ったものがすでに5万円を超えてしまっているためもう遅いと感じているのだ。確かに無料だったものが5万円以上になっていると聞くとなんだか手遅れに感じてしまうかもしれない。そういった人の多くは、『もう少し早く知っていればな〜』と少し後悔しているような事を話す。しかし、ビットコインはインターネット同様にスタートに早いも遅いもない。単純に投資として考える場合でも参加者が増え続ければ価格も上昇し続けるだろう。
ウィンクルボス兄弟、ビットコインの時価総額は1兆ドルになる。

ビットコインは一度問題になった

ビットコインは一度問題になったということが原因で拒絶反応を示す人も多い。問題になったのはビットコインではなくマウントゴックスという取引所であるが、一度問題になってしまったものを扱うことがダサい、怪しい、カッコ悪いというイメージを持っているようだ。これはメディアが上手くイメージを植え付けてくれたおかげである。

中央集権がない

中央集権が無いために誰も責任を取ってくれない、誰にも認められていない通貨。だと思ってしまうようだ。本当は参加者全員で管理している通貨であり、ビットコイナー的には中央集権型より安全で透明なのだ。
ビットコインがあれば、わざわざ自国を信用し、自国に資産をコントロールされる心配がなく自由になれるのだ。
誰も教えてくれないけれど、これを読めば分かるビットコインの仕組みと可能性(jp.techcrunch.com)

説明しても理解ができない

いくら説明しても理解ができない人も多い。これはビットコインが複雑な仕組みによって成り立っているからである。
完全に理解するのは至難の技であるため少額購入してみて実際に触れてみるのが一番である。コミュニティー自体が更に大きくなればビットコインももう少し扱いやすくなるかもしれない。