中国PBoC、暗号通貨取引の禁止と検閲を行う見通し

中国人民銀行(PBoC)の幹部は、暗号通貨の取引や、関連サービスを提供する個人や企業の取引を禁止すべきだと述べた。

先週行われた議論にて、PBOC副総裁のPan Gongsheng氏は政府が暗号通貨取引に圧力をかけ続け、その市場におけるリスクの蓄積を防ぐとしている。さらには、個人間の取引やOTC(オーバーザカウンター)プラットフォーム、ウォレットサービスプロバイダー、通貨取引のためのマーケットメーキング活動、決済サービスを提供する個人または機関を禁止する必要があるとしている。
中国のビットコイン取引所閉鎖報道によりローカルビットコインの取引量が3倍に

中国規制当局は昨年、暗号通貨を利用した資金調達方法ICOを禁止、また暗号通貨取引所を閉鎖に追いやった。その際ビットコインの価格は大きく下落した。
ビットコイン価格は4,975ドルの最高値から20%の下落。中国によるICO規制に市場全体が反応か。

中国の暗号通貨に対する引き締めはさらに続く模様だ。また2018年に入り、マイニングへの規制が行われるのではないかという噂も広まったが、今回の報道では暗号通貨に関連すべての行為を禁止されそうな勢いだ。

彼は規制当局と政策立案者に対し、「実体経済と関係のない擬似金融革新は支持されるべきではない」と語っている。

参考元
reuters.com


ETH TOWN

ETHTOWN