PayPalは、暗号通貨のトランザクションスピードを向上させるシステムの特許を出願

PayPalは、暗号通貨のトランザクションスピードを向上させるために設計されたシステムの特許を出願した。

3月1日に米国特許商標庁(USPTO)に提出​​された文書によると、PayPalは、これまでの方法でネットワークを介してコインを送るのではなく、送信者と受信者が秘密鍵を交換できるシステムを開発していると記された。

多くの取引状況で、10分の待ち時間が支払人または受取人にとって長過ぎ、その支払人または受取人は、代わりに暗号通貨ではなく従来の支払方法を使用して取引を実行することを選択します。このような問題は、その利点にもかかわらず、暗号通貨の採用を遅らせてしまっている。

このブロックの生成時間やスケーラビリティの問題は長年の間ビットコイン界に議論を引き起こしてきた、昨年Segwitが導入されたり、ビットコインキャッシュが誕生したり、この問題への解決策は依然模索中だ。最近ではライトニングネットワークの開発が進みすでにテストトランザクションも行われている。

またこれはビットコインに限ったことではない。イーサリアムチェーン上で猫を育成、トレードするゲームCryptoKittiesによりイーサリアムブロックチェーンは大混雑状態に陥った。この影響で、予定されていたICOが延期されるなどの問題が起きた。

ネットワークの混雑が起こればユーザは依然として高い手数料と認証時間を要することになる。

PayPalの提案は、システムが自動的に複数のセカンダリウォレットを作成し、ウォレットは、プライベートキーを集約して任意の支払い金額に合わせて転送することを可能にする。これは、確認時間を「実質的に排除する」と主張している。

PayPalのCEOはこれまでにもビットコインへの興味を示してきている。世界的に有名かつ大規模なペイメント企業が、暗号通貨関連のシステム開発に着手すればその影響は大きなものになるだろう。

PayPal最高財務責任者「ビットコインは将来的に支払い手段としてポピュラーになる可能性が高い」
PayPal CEOとビットコインパイオニアによる対談「1ビットコインの価値は100万ドルになる」

現在ビットコインのトランザクション詰まりは解消され、手数料も数円程度で送信が可能になっている。

参考元
ccn.com
appft.uspto.gov