PayPalの共同設立者Peter Thiel、「ビットコインには大きな可能性が残っている」

PayPalの共同設立者で、投資家であるPeter Thiel氏はビットコインの批判を行う者はサイバーゴールドになり得る暗号通貨の大きな可能性を過小評価していると語った。

この1年でビットコインの価格は800%近く上昇し、現在6,000ドルをわずかに下回って取引されている。しかし、多くの金融関係者はビットコインは投機的バブルであると主張する。
ブラジルの中央銀行総裁「ビットコインはピラミッドスキームと同等である」

ノーベル賞受賞エコノミスト、「ビットコインは流行である」

JP モルガン CEO Jamie Dimon氏「ビットコインは詐欺」と発言

CNBCにによる報道で、PayPalの共同設立者でFacebookの初期投資家であるThiel氏はビットコインがデジタルゴールドになり得るという考えを述べた。

「ビットコインがデジタル世界のゴールドになるとすれば、それは大きな可能性を残している。ビットコインはゴールドようにマイナブルであり、実際そのマイニングはゴールドよりも難しい。」と話した。しかし、他の暗号通貨のポテンシャルがビットコインと同等であることは懐疑的だと付け加えた。彼は、ビットコインは金などと同様の価値を保存する形として役立つことで、支払いに使う必要はないと強調した。

彼は以前ビットコインに懐疑的で一般的に普及することはないとの意見を表名していたが、エコシステムが成長するのをみてビットコインを受け入れるようになったという。

彼と同様にラスベガスで開催されてたMoney 20/20カンファレンスにてApple共同設立者Steve Wozniak氏は、「ビットコインはゴールドと偽米ドルよりすぐれている」と発言した。

参考元
cryptocoinsnews.com