ウクライナの質店は暗号通貨を担保にローンサービスを開始

1992年11月に設立されたウクライナの質店Skarbnytsyaは、暗号通貨を担保にしたローンサービスを開始した。彼らは300以上の支店を持ち、暗号通貨の種類、金額、価格に基づいて融資を提供する予定だ。

ウェブサイトによると、数百万人の顧客と1,200人の従業員を抱え、非銀行貸出市場における最高水準を掲げ「キエフとウクライナにおける最初の最大規模の非国家的な質屋のネットワーク」と主張している。

マーケティング責任者、Ivan Ipatov氏は「このプロジェクトは、世界の暗号通貨とブロックチェーンの急速な発展によるものです。私たちのクライアントは、お金を使うことができると同時に、将来的には暗号通貨の成長から収入を得ることができます。」と話した。

Skarbnytsyaは、暗号通貨に保護されたローンを可能な限りシンプルかつ、過度の手続き無しに入手できることを強調している。

暗号通貨所有者は、最大31日、ウクライナのグリブナ(UAH)で融資を受けることが可能だ。ローンが返済されると、担保として譲渡された暗号通貨の全額が借り手に全額返還されるようだ。

暗号通貨を担保にローンを貸し出すことは、おそらく世界初の試みでだろう。しかし、この場合暗号通貨の価格変動が大きな問題となりそうだ。

参考元
news.bitcoin.com