Overstockは、オハイオ州の事業税をビットコインで支払う最初の米国大手企業となる

昨年11月、米国オハイオ州では、企業がBitpayの支払いサービスを介してビットコイン(BTC)およびビットコインキャッシュ(BCH)で税金を支払うことが可能になった。

暗号通貨関連事業をいち早く開始し、力を入れるOverstockは、オハイオ州の事業税を暗号通貨で支払う最初の米国大手企業であると発表した。CEOのPatrick Byrne氏、オハイオ州のような先見の明がある州がデジタル革命の間に米国が取り残されないようにすることを助けるであろうと述べた。

オハイオ州ではBTCとBCHを使用して支払うことができる23種類の税金があり、Overstockはその商業活動税(CAT)を支払う。

クレジットカードを使用する納税者は2.5%の手数料を支払う必要があるのに対し、暗号通貨では1%しか発生しない。さらにOverstockはデジタル資産を使用して早めにCATを支払ったことで、期限前の申告は手数料が免除されるため、手数料はかからないという。

Ohio TreasurerのJosh Mandel氏は、2020年に他の種類の税金およびおそらくもっと多くの暗号通貨を追加することによってプログラムを拡大するかもしれないと話した。

参考元
apnews.com