分散型取引所OpenLedger(オープンレジャー)のステークホルダーになれるトークン:Obitsのクラウドセールが開始する。

OBITSとは?

OBITSは最終消費者が暗号通貨マーケットによく見られる市場の乱高下において利益を出すためのアセットだ。OBITSによって平均的なインターネット利用者がマーケットに関する深い知識がなくてもボラティリティーから利益が得られるようになる。OBITSは平均的な利用者がブロックチェーンテクノロジーの理解がなく、完全な関わり合いがなくてもマーケットにより利益をもたらす。

OBITSトークンは世界初の Decentralized Autonomous Exchanges (分散自発型取引所)であるOpenLedger(オープンレジャー)の基礎となる。取引所はいつでも監視可能で、操作されることはなく、銀行のように部分準備に依存しないためはユーザーの資産はいつでも流動性がある。ビジネスはBitsharesのブロックチェーンテクノロジーによって行われ、そのコードは完全にオープンソースで誰でも見ることができる。Openledgerでは12月までに登録をした人に対してウェルカムトークンが無料でもらえるキャンペーン中だ。Obitsを買う前にまずはOpenLedgerに登録してみよう。
世界一パワフルな分散型取引所OpenLedger、11月中に登録するとウェルカムトークンが無料でもらえるキャンペーン中

OBITSを持つことはあなたにOpenLedgerの輝かしい将来を所有する権限、そしてその組織体による利益へのアクセスを可能にする。リアルなビジネス同様に組織体への決定事項に対する票を投じることも可能だ。OBITSを購入することは早期より革命的なテクノロジーに対するステークを購入することを意味する。

大きなボラティリティーと複雑な市場のビットコインとは異なり、OBITSは市場操作を受けない。これは創設チームがあなたのお金を予期しない価値の下落から安全に守るからである。プロダクトは市場に浸透していくことから、価格は上昇への一本道しか用意されていない。

Obitsを入手する

obits

ファーストステージ:プレセール(プライベートセール)とパブリックセール

12月1日まではOpenLedger経由で直接obitsアカウントより購入が可能で、パブリックセールの値段より安くObitsを入手できる。openledger.info

セカンドステージ:OBITSの買い戻し

OpenLedgerの利益によりObitsの買い戻しが毎月行われる。買い取られたObitsは価値を上昇させるために燃やされる(Burn)される。Burnとはそのトークンが二度と利用させることがないようにすることだ。つまり、BurnされるたびにObitsの供給量が減っていき1Obitsあたりの価値が上昇していく。買い戻しはOpenLedgerのトレード上で行われる。Obitsの総供給量は18,276,898Obitsである。

Obitsの購入はビットコイン、ライトコイン、BitShares、NuBitsだけでなくEUR、CNY、USDでも可能だ。
obits.io