OpenLedgerがTetherドルとユーロを追加

ボラティリティーの問題を排除してブロックチェーン上で価値の移動を行う方法はいくつかあるが、OpenLedgerはそのほとんど全てを含んでいる。

2009年まではインターネット上で信頼できる中央機関なしに価値を移動させることは不可能であったがビットコインのおかげで可能となった。ビットコイン全てを変えてしまった。しかし通貨を管理する政府のバックアップ、中央銀行がなければ、その価値は市場の気まぐれに従うことになる。ビットコインを含む全ての暗号通貨は非常にボラティリティーが大きく時に強烈な価格変動が起こる。ビットコインが価値の転送に適している一方でそれを補完することには適していない。
OpenLedgerはその問題解決へ取り組んでいる。OpenLedgerはBitShares 2.0フィンテックプラットフォーム上に構築された世界初の分散型コングロマリットの中心である。この問題に取り組む様々なアプローチがあるが、分散型コングロマリットから成るサービスエコシステムのためとなるよう、Tether dollersとTether euroが追加された。
OPEN LEDGER(オープンレジャー)の使い方

globalization

では、どのようにブロックチェーンベースの分散型暗号通貨の価値を正確に維持するのか?実際に、幾つかのアプローチがあり、それらそれぞれは、異なるシステムにより動作し、制約に基づいた動作をする。

多くのトレーダーは取引所でお金を維持する。これは、Mt.Goxの事例があるように、最もリスキーである。取引所は中央集権であり、規制が欠如している。それは政府の定める法律への自信と保護のを欠いていることを意味し最悪の状況である。

BitSharesはBitUSD、BitEUR、BitCNYのようなSmartCoinsにより別のアプローチをとった。これらは参加者が提供する担保によりその価値を保証、維持するため、分散型ペグシステムを使用している。これは完全に分散化であるが、これらの「合成」通貨は、流動性をもった使用に適した採用先をまだ持っていない。

Tehterはまた違ったアプローチをとっている。同社はドルに自国通貨をペッグしたような「カレンシー・ボード」システムを採用している。彼らは完全に監査された被保険銀行口座に資金を保持し、1ドル(USDT)に相当する同等数の暗号コインを発行する。したがって、Tetherは中央に資金を保持しているが、完全分散型の方法でblockchainに裏打ちされたトークンの売買を行っている。これは、中間施設のようなものだが、USDTは、米ドルのすべての流動性を有することを意味する。なぜなら、高速かつ低コストの転送可能なblockchainの効率を活用しながら、準備金の3百万ドルに裏打ちされた100%のフィアットであるからである。OpenLedger自体は、OPEN.USD、OPEN.EURおよび他の硬貨で同様のアプローチをしている。これはゲートウェイ企業CCEDKによる資金によって支えられている。

OpenLedgerは新たな別のオプションを提供するために、OPEN.USDTとOPEN.EURTを追加してる。

OpenLedgerの事実上のフィアットゲートウェイとして、デンマークの取引所CCEDKは資金を入金し、OPEN.USDTとOPEN.EURTに変換するユーザーのための設備を提供しいる。CCEDKにてそれぞれドルやユーロへ1:1かつ少額の取引手数料で変換が可能ということになる。取引後、ユーザーは再びフィアットとしてこれらの引き出しが可能だ。

この動きはトレーダーにOpenLedgerのblockchain上に自分の資金を保存するという選択肢と自信を与え、分散型コングロマリットが提供する広い範囲へのサービスに更なる影響をもたらす。これは、一連の企業やサービスへ互いに有益なエコシステムを提供する。分散型コングロマリットのメンバーとして、OBITS、BitTeaserとICOOすべてがUSDTの追加により大きな利益を得ることになる。

OPEN LEDGER(オープンレジャー)の使い方


domeplatform