OBITS次回buy-backは史上最高額で行われる。

分散型コングロマリットOpenLedgerでは間も無くOBITSのbuy-backが行われる。OpenLedger上での手数料やパートナープロジェクトからの収益の一部がbuy-backの資金となるのだが、今回のbuy-backは今までで最高額が使われることがOBITS.IO上で確認がとれる。BTS、BTC共にこれまでで最高額のストックがされている。
スクリーンショット 2016-04-27 18.11.37

グローバル企業3.0:OpenLedger(オープンレジャー)は未来のグローバル企業プラットフォームとなる

OPEN LEDGER(オープンレジャー)の使い方

OBITSの総供給量は18,110,095 OBITSだが、buy-backでは買い取ったOBITSを廃棄する。OBITSの総供給量が減っていくことによって1 OBITSあたりの価値を上昇させていくというシステムだ。
過去の3度のbuy-backにより既に166,803 OBITSが廃棄されている。

トークンセール残り5日となったBTSRで集まった資金の一部もOBITS buy-backに利用される。BTSRもbuy-backシステムを採用しているためOBITSと同時期にbuy-backを体験できる。
BTSRクラウドセール残り7日間はスペシャルボーナスを受け取れる

OpenLedger上ではDIGIXやLISKのプレローンチも行われトレーディングプラットフォームとしても盛り上がりを見せてきている。
DigixDAOデジタルゴールドアセットはOpenLedger上のみでトレードされる


1 Trackbacks & Pingbacks

  1. OpenLedgerでDigixDAOのトレードが開始

Leave a comment

Your email address will not be published.


*