NXT Digital Goods Storeの開発案を発表。

つい最近、ハッカーによって取引所から50億円相当が盗まれたネクストコインだが、

以前の記事でNXT Coinは、ゲーム開発者、ミュージシャン、ライター等、無所属のインディーズアーティストが買い手と直接取引が行えるNXT Digital Goods Storeの開発案を発表した。

これのサービスのメリットは、

  • 暗号通貨のテクノロジーを用いてアーティストと消費者を繋ぐ中間業者をなくせる。
  • ストアでは全てのアーティストが無料で彼らの作リ出した商品を売り出せる。
  • 生産者は彼らが売り出した価格の100%を受け取る事が出来る。

nxt

NXTマーケットチームのDan Kindlyは

ほとんどのデジタルストアはアーティストからコミッションを大量にとっている。何かを始めたい人にとってそれはかなりの障害となる。上記のメリットの様にアーティストはコミッションなしの売り上げを手にする事によって、大企業のポケットに吸い込まれるよりも、よ開発に専念したりマーケット戦略に集中する事が出来るだろう。

と話す。

また手数料として1つのファイルに対して、1NXTがかかる。これは、将来的に受注規模の大きさによって減額される。

NXTはCCEDKと手を組みデジタルストアを立ち上げるための、最初の一歩を踏み出した。
この先の詳細は近く発表すると語った。

このように、仲介業者なしでアーティストと消費者が直接交渉が行える事で、両者の納得のいく額で取引が出来るというシステムはとても素晴らしい事だろう。

近頃、元スパイス・ガールズのメルBや50Centなどいくつかのアーティストがビットコインでの支払いを受付初めている。

このように、有名なアーティストが暗号通貨での支払いを受け付ければいくらでも取引業者は飛びつくだろう。

だが、NXTデジタルストアでは有名無名に関わらず自主的に作り上げたものを売り出せる事が最大のメリットだろう。

参考元
NXTforum.org
cointelegraph.com/