多数の偽ビットコインウォレットアプリがApple App Storeにて発見される

多数の偽ビットコインウォレットアプリがApple app Storeへ追加されているという報告が出ている。

breadwallet LLCがRedditへ掲載した情報では、偽のウォレットは、既存のウォレットアプリと同様もしくは、非常に類似した名前を使用している。おそらくアカウントの侵害やコインの盗難を目的にユーザーを取り込むつもりだろう。

以下breadwallet_danによるRedditへ投稿された問題アプリのリストである。

Here are the new wallets we’ve noticed so far with their exact naming. Please be cautious:
GreenAddress – Bitcoin Wallet https://itunes.apple.com/us/app/greenaddress-bitcoin-wallet/id1139753685?mt=8

Simple Bitcoin Wallet https://itunes.apple.com/us/app/simple-bitcoin-wallet/id1138700421?mt=8

Simple Bitcoin Wallet ™ https://itunes.apple.com/us/app/simple-bitcoin-wallet/id1140433170?mt=8

GreenBits Bitcoin Wallet https://itunes.apple.com/us/app/greenbits-bitcoin-wallet/id1138675915?mt=8

Bitcoin Wallet https://itunes.apple.com/us/app/bitcoin-wallet/id1137555856?mt=8

Bitcoin Armory Wallet – bitcoin offline wallet https://itunes.apple.com/us/app/bitcoin-armory-wallet-bitcoin/id1139569125?mt=8

Blockchain – Offline Bitcoin Wallet https://itunes.apple.com/us/app/blockchain-offline-bitcoin/id1140411956?mt=8

BitcoinCore – Bitcoin Wallet https://itunes.apple.com/us/app/bitcoincore-bitcoin-wallet/id1140170409?mt=8

対処法としてApp storeにて直接検索をかけるのではなく、目的のウォレットアプリのHPからアプリ購入ボタンを押しApp storeに飛ぶことだ。
例えば上記のGreenAddressのIDは[id1139753685]であるがGreenAddressのホームページより飛んだ公式アプリのIDは[id889740745]である。また偽アプリは開発元がGreenAddressとなっていいるが公式アプリはJersey Studioとなっている。

今回このように多数の偽ウォレットアプリが発見されたことは初めてではない。
breadwalletによると7月29日にbreadwalletと全く同様の名前、アイコンを用いた偽アプリが追加された。
これに対してbreadwalletはすぐさまアップルに通報し対応を求めたが、数人のユーザーがすでに偽アプリをダウンロードしビットコインが盗まれる被害が出ていた。

話題になっているPokemonGoでもマルウェアが埋め込まれたアンドロイド版偽アプリの報告が出ている。

今後、ビットコインや暗号通貨が話題になるにつれ多くの新規ユーザーが流入してくるだろう。それに伴い無知なユーザーを狙ったこのような詐欺行為の横行を防ぐ対策が必要だろう。でなければまたMt.Goxの二の舞になりかねない。

参考元
siliconangle.com



GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA