大量のビットコインを持っていることを他人に教えてはいけない!拉致られ殴る蹴るの暴行を受ける?

大量のビットコインを持っていることは他人に言わない方が賢明だ。銀行預金と異なりビットコインは自分自身で管理する必要があり、ビットコイン長者と知られた場合には自宅が常に狙われる可能性が出てくる。

トルコ、イスタンブール西部の郊外で、ギャングによるビットコイン長者誘拐事件が発生している。ミニバスの中で8時間に渡る脅迫が続いたようだ。その後サイバー警察はブロックチェーンの流れを辿ることによって犯人を特定し、2度目の誘拐準備中に逮捕できたようだ。

haberturk.com

日本国内でも名古屋に住む女性が遺体となって滋賀県の山林で発見された事件があるが、容疑者は女性の持っていたビットコインを盗んでいたとされている。

ビットコインはパスワードや秘密鍵さえあれば簡単に第三者の手に渡る。この『あと一歩感』から脅迫、暴行などを行うきっかけとなってしまうのではないだろうか?

帰宅したらあなたのハードウェアウォレットやパソコンが消えていたという事にならないように自宅のセキュリティーも高めておく必要がある。

自分の体にチップを埋め込みビットコインを管理するという方法も存在するが、強盗に腕を切り落とされないようにする必要がある。

参考元
haberturk.com